特殊詐欺の巧妙な手口 35万円だまし取られた体験レポート

かみさんが特殊詐欺に引っ掛かり、35万円をだまし取られました。いわゆる還付金詐欺です。

この手のニュースが流れると、「こんなに報道されているのに、まだ引っ掛かる人がいるんだ」と思っていましたが、まさか我が家でそうなるとは。

読者の皆さんの”転ばぬ先の杖”になればと思い、一部始終を書いておきます。

スポンサーリンク

特殊詐欺の巧妙な手口

先週月曜日の午前9時頃、江戸川区役所の職員を名乗る男から、固定電話に電話がかかってきました。私は不在で、かみさんが電話を取りました。

自宅でのやり取り

自宅でのやり取りは以下のとおり。

江戸川区職員
江戸川区職員
江戸川区役所○○課です。「累積医療費のご案内」という書類を、書留でそちらに送っているんですが、提出期限の6月15日が過ぎてもまだ届いていないので、ご連絡しました。ご覧になってませんか?
かみさん
かみさん
いえ、記憶にありません。
江戸川区職員
江戸川区職員
そうですか。こちらでお調べしたところ、3月15日に配達したことになっています。そこには平成27年から29年までに支払った医療費と健康保険料の積算額が書いてあるんですが、28,362円が返金されることになっています。もう提出期限を過ぎていますが、これは厚生労働省の事業で、すべて返金するように言われていますので、ご連絡しました。
かみさん
かみさん
はぁ。
江戸川区職員
江戸川区職員
その手続きをするためには、その書類に書いてある受け取り番号が必要なんですが、ちょっと探してみていただけますか?
かみさん
かみさん
ちょっと待ってください。(探してみたが、見つかるわけがない)。いま夫がいないので、どこにあるかわかりません。
江戸川区職員
江戸川区職員
そうですか。この事業は厚生労働省と銀行が協力してやっていますので、銀行でその番号を再発行できます。銀行口座はお持ちですよね。
かみさん
かみさん
はい、あります。
江戸川区職員
江戸川区職員
みずほ、三菱UFJ… どの銀行がいいですか?
かみさん
かみさん
三菱UFJでお願いします。
江戸川区職員
江戸川区職員
では、私のほうで手配して、銀行からそちらに電話してもらいますので、一度電話を切って、そのまま待っていていただけますか?
かみさん
かみさん
わかりました。
銀行員
銀行員
三菱サポートの○○です。
かみさん
かみさん
はい。
銀行員
銀行員
私のほうでお調べしたところ、私どもの船堀支店では機械が古くて番号の再発行ができませんので、○○のATMに行っていただけますか? 店舗のATMには係員を配置していますが、そこにはいませんので、こちらで操作方法を教えます。ATMに着いたら、この番号○○○(03から始まる固定電話の番号)に電話していただけますか? 少し複雑な処理なんですが、丁寧にお伝えします。
かみさん
かみさん
わかりました。
銀行員
銀行員
何時頃に行けそうですか?
かみさん
かみさん
11時半頃です。
銀行員
銀行員
では、その時間に予約を入れておきます。

このあと、かみさんは私に電話をかけてきました。

かみさん
かみさん
いま区役所から電話があって、「累積医療費のご案内」っていう書類を、3月に書留で送ったって言ってたんだけど、そんなの来てた?
たむら
たむら
来てないと思う。
かみさん
かみさん
そこに医療費を払い過ぎているので、28,362円が戻ってくるって書いてあったらしいんだけど。
たむら
たむら
ぜんぜん覚えてない。
かみさん
かみさん
ATMでその手続きができるっていうから、これからちょっと行ってくる。

電話を切った後、私も全く疑うことなく、「へぇー、2万円ももらえるんだ」と思って喜んでいました。

間抜けです。

かみさんは私名義のキャッシュカードを持って、指定されたATMに行きました。

ATMでのやり取り

ATMでの電話のやり取りは以下のとおり。

かみさん
かみさん
ATMに来ました。
銀行員
銀行員
では、ATMにキャッシュカードを入れて、残高照会のボタンを押していただけますか?
かみさん
かみさん
押しました。
銀行員
銀行員
表示された番号を左から読み上げていただけますか?
かみさん
かみさん
(残高を左から読む)。
銀行員
銀行員
次に…(振り込み手続きの数字を次々に述べる)。

かみさんは振り込み手続きをさせられていることに気づくことなく、言われた数字を入力し、残高のほとんど(35万円以上)を犯人の口座に振り込んでしまいました。

その後、外に出て家に帰ろうとしたところ、かみさんの携帯電話に電話がかかってきました。

銀行員
銀行員
先ほどのキャッシュカードは古くなかったですか? 処理がエラーになってしまいました。
かみさん
かみさん
古いカードです。
銀行員
銀行員
別のキャッシュカードはありませんか?
かみさん
かみさん
私の名義でもよければあります。
銀行員
銀行員
それでも大丈夫です。もう一度やり直していただけますか?
かみさん
かみさん
わかりました。

犯人は1回では飽き足らず、2回目を狙ってきました。貪欲ですね。35万円ではNot Satisfied か。

ここでもまだかみさんは気づくことなく、家に自分のキャッシュカードを取りに行って、今度は別のATMでまた犯人の指示どおりにしました。

幸いその口座の残高は少なかったため、犯人は振り込み手続きをさせようとはしませんでした。

手口のポイント

以上が、特殊詐欺の巧妙な手口です。

区役所の職員も銀行員も、それらしい話し方だったとのこと。研究を重ね、何度も練習をしているのでしょう。

私が言うのも何ですが、うちのかみさんは頭脳明晰で冷静沈着です。なのになぜ引っ掛かったのか。

私が分析するに、多くの人が引っ掛かる要因は以下の3点と思います。

  • もっともらしい理由で、そこそこの額の還付金があることを知らせ、あとに控えている面倒な作業を厭わない動機を持たせる。
  • 係員がいる店舗ではなく、巧みに無人のATMに誘導する。
  • あらかじめ複雑な処理であると伝えることによって、自分が振り込み手続きを行っているという意識を持たせない。

実際、かみさんは犯人に言われるままに数字を入力している間、自分が振り込み手続きをしていることに、全く気づきませんでした。

警察に被害届け

かみさんは家に帰った後、「そう言えば、受け取り番号のことは何も言っていなかった」と思い、江戸川区役所に電話しました。

すると、「そんなことはやっていません。それは詐欺ですね」と言われ、そこでようやくだまされたことに気づきました。

それでかみさんはすぐ交番に行って一部始終を伝え、銀行に電話しましたが、当然35万円少々は引き落とされたあと。あとの祭りでした。

ただ残高が6千円ちょっと残っていました。お詫びのしるし? いやいや、残高と全く同じ数字を言ったら気づかれると思ったのでしょう。

夕方には葛西警察で調書作り。担当した刑事さんから「これって、典型的な手口ですよ。テレビとか回覧板とか見ないんですか?」と言われる始末。

刑事さんは犯人の次のせりふまで言えたそうです。

2次被害

特殊詐欺には2次被害があると聞きました。

だまされた人が家族から責められ、罪悪感にさいなまれ、自殺した人もいるそうです。被害者なのに。犯人は罪深いですね。

我が家でもささやかな2次被害がありました。

犯人に固定電話とかみさんの携帯電話の番号が知られてしまいましたので、固定電話は外し、かみさんの携帯電話の番号を変えました。

auで事情を話し、電話番号の変更手続きをお願いしたところ、手数料2,100円を取られました。

それは仕方ないとして、「番号はこちらでランダムに決めますが、300円払えば3つの中から選べるようにします」と言われたそうです。

私だったら「そのプラス300円は何なのか」と尋ねたでしょう。その分システムに負荷がかかるわけでもないだろうに。キーボードを少し余分に叩くことの手間賃か。

携帯電話会社は何かとお金を取ろうとしますよね。ドコモでもソフトバンクでもそうなのでしょうか。

かみさんは300円を払って、わかりやすい番号を選びました。

auはせこいですね。

あとがき

うちに帰って話しの一部始終を聞いた時、「それなら私でもだまされただろうな」と思いましたので、かみさんを責める気にはなりませんでした。

35万円は高い授業料でしたが、仕方ありません。うちは全くと言っていいほどテレビは観ないのですが、ニュースぐらい観ないとだめですね。

特殊詐欺にはくれぐれもご用心ください。

2019/7/10

にほんブログ村テーマ 詐欺情報の詳細や対処法、実体験話へ
詐欺情報の詳細や対処法、実体験話

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。

寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら9…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから