アゲハチョウの記事はこちらのサイトに引っ越しました

アゲハふれあえない館

ヤドクガエル販売店ワイルドスカイ カエルの写真を撮ってきた

ヤドクガエル。好きですか?

あの見るからに毒々しいというか、極彩色のカエル。

昨日、かみさんが近所(東京江戸川区西葛西)にあるカエル販売店、ワイルドスカイに行ってきました。

通りがかりに何気なく店に入ったようですが、写真を撮ってきましたので、どうぞご覧ください。

 

ヤドクガエル販売店ワイルドスカイ

ワイルドスカイは日本唯一のカエル専門店とか。

店主に「カエル見せてもらってもいいですか」と尋ねると、「どうぞ」と気持ちよく招き入れてくれて、カエルの説明や自分が書いた本の話をしてくれたそうです。

ヤドクガエル

何と言っても、まず目を引くのは色とりどりのヤドクガエルたち。

ヤドクガエルはすべて外国産。

毒矢に塗る毒を持っていることが名前の由来ということですが、店内のカエルに毒はないとのこと。

体長は小さいのが2センチ、大きいのが5センチほどで、値段は1~3万円

結構、高いですね。

それでも、2万円のカエルに「売却済み」のシールが貼ってあったそうです。

かみさんは爬虫類好きなので、「すごいかわいい」と言っていますが、どうですか?

 

スポンサーリンク

 

国産のカエル

ワイルドスカイでは国産のカエルも売っています。

これはモリアオガエル?

何だかわかりません。

かみさんは「お腹がぷくっとしていて、これが一番かわいい」と言っていました。

私もそう思います。

値段は1,500円。カエルの世界も外国勢優位。今の相撲界と同じですね。

写真がクリアでないのはケースが汚れているからだそうです。

冷遇されているわけではないと思いますが。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

ワイルドスカイではカエルだけでなく、カエルの餌になるこおろぎやショウジョウバエも売っています。

知り合いの家具屋さんもカエルを飼っていて、先日「餌は何ですか」と尋ねたら、「これ」と言ってポケットから円筒形の容器を取り出しました。

中に入っていたのは、餌用に改良した飛べないショウジョウバエ。

ワイルドスカイで買ったそうです。

もちろん、ハエは1匹いくらで売っているわけではありません。

土のような元(卵と栄養分)を買ってきて容器に入れ、そこにボール紙を入れておくと、勝手に卵がかえってどんどん増えていくそうです。

大量の歩くハエ。

なんか、やですね。

かみさんが「ヤドクガエルを飼う」と言い出さないか、心配でなりません。

家具屋さんのカエルはトノサマガエルようなカエルで、日本庭園風にアレンジした水槽に5匹ぐらい入っていました。

あなたの周りにもいますか?

かえるマニア。

 

2018/2/7

にほんブログ村テーマ かえる!カエル!蛙!へ
かえる!カエル!蛙!

コメント

タイトルとURLをコピーしました