JEMTCパソコン返品 社会貢献できませんでした

先週の土曜日にJEMTC(ジェムテク)有償譲渡会で譲り受けたパソコンは、翌日に返品しました。パソコン自体に問題があったからではありません。

簡単に言えば、保障より価格を優先したからです。結果として、社会貢献できませんでした。

スポンサーリンク

JEMTCパソコン返品

JEMTCのパソコン有償譲渡会をご存じない方は、まずこちらの記事をご覧ください。

本日、JEMTC(ジェムテク)が主催するパソコンの有償譲渡会に行って、中古パソコンを買ってきました。(厳密に言うと、譲り受けてきました)。 ...

返品したパソコン

その記事に書いてありますが、返品したパソコンはこれです。

メーカー: 富士通
品名: LIFEBOOK A561/D
CPU: インテルCore i5
メモリ: 4GB
ストレージ: SSD 120GB
ディスプレー: 15.6型
光学ドライブ: 再生専用
無線LAN: 内蔵

これは私が行った譲渡会での最上位スペックで、最後の1台でした。ストレージは本来HDDの機種ですが、新品のSSDに交換してあります。外装に目立つ擦り傷がありますので、美品とは言えません。

「お譲り値」は58,000円。消費税が4,000円で合計62,000円で譲り受けました。

返品理由

返品した理由は前述の記事の最後に書いたとおり、さらにハイスペックの同じ機種をもっと安く買えることがわかったからです。

ヤフオクを覗いてみたら、メモリ8GBでWindowsOffice2016が付いている同じ機種が、22,800円即決、送料無料で出ていました。ストレージはHDD250GBですが、料金13,800円で新品SSD240GBに交換してもらえます。但し、初期不良以外、保障は一切ありません。

2年保証を取るか、価格を取るかで悩みましたが、価格を取りました。

落札。

これまでに中古パソコンを買ったことは一度もなかったのですが、今はHDDからSSDへの移行期でSSD大容量はまだ高価なため、これをつなぎに使い、SSDの価格が落ち着いた頃に新しいパソコンを買おうと思っています。

返品の対応

JEMTCチラシの注意書きに、10日以内なら返品可、自己都合ならパソコンを自己負担でJEMTCに送れば返金される旨書いてありましたが、梱包して送るのは面倒なので、翌日、譲渡会会場に返品するパソコン一式を持って行きました。

品物だけ返せれば、返金はあとでいいと思っていたのですが、すぐに返金してもらえました。

「差し支えなければ返品の理由を教えていただけますか?」と聞かれたので、「もっとハイスペックの機種が欲しくなったから」と答えたところ、「当協会ではこれ以上のスペックはありませんので」との返答。面倒な書類記入もなく、すぐに返金してもらえました。

売上金を投げ込んであるダンボール箱から札を取って返してくれたところが、レジがない露店のようでよかったです。

社会貢献できませんでした

LIFEBOOK A561/Dは、富士通が2011年10月に発表した企業向けノートパソコンです。上記モデルのメーカー希望小売価格は157,700円でした。

JEMTCの説明によると、譲渡品のパソコンはすべて3年から5年使用したものとのことなので、私が返品したパソコンはおそらく最長の部類に入ると思います。Windows10を載せてはいましたが、発売時期からして当然のことながら、基盤はWindows7用でしょう。

HDDを新品SSDに交換してありましたが、容量は120GBと心もとなく、光学ドライブも元々は書き込みもできたものが、再生専用になっていました。

2年保証と電話サポートが付いているとはいえ、これでお買い得と言えるかどうか。

有償譲渡会は営利目的ではなく、その趣旨は資源の有効利用と環境保全であることを考慮に入れ、社会貢献のつもりで譲り受けるのであればいいのかもしれません。

残念ながら、今の私にはそのような精神的、経済的ゆとりは無かったのでした。

2019/1/11

にほんブログ村テーマ ノートパソコンやモバイルに関するコミュへ
ノートパソコンやモバイルに関するコミュ

本書「脳科学マーケティング100の心理技術」によると、賢いマーケティングをするためには自分の脳だけでなく、顧客の脳も使わなければなりません。…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする