温熱治療器 おすすめ 末期癌が治ったという本当の話

友人Aから、三井式温熱治療器On-Qで妹の末期がん(胃がん)が治ったという話しを聞きました。あとで知ったのですが、これは自宅で簡単にできる温熱療法で、免疫療法と同じく体に優しいがん治療です。

免疫療法に関してはこの記事が参考になるかもしれません。

日本人の2人に1人ががんになると言われており、私の周りでもがんの手術を受ける中高年が増えてきました。今ではがんの7割が治るとはいえ、見ている...

この記事では友人Aから聞いた話しを含む、三井式温熱治療器On-Qにまつわる話しを書きます。

その前に断っておきますが、私はこの治療法を勧めているわけではありません。自分が見聞きした話しを書くだけです。

スポンサーリンク

三井式温熱治療器On-Qの驚くべき効果

末期癌からの生還

Aの妹は胃がんが食道に転移し、医者から余命半年と告げられました。やむなくAは300万円を用意し、陽子線治療のクリニックに妹を連れて行きましたが、そこでも「この状態ではやっても無駄」と言われてしまいました。

絶望の淵にあった時、Aは知人から「温熱治療器で末期がんが治ったという話しを聞いたことがある」という話しを聞きました。藁にもすがる思いで早速On-Qを購入し、毎日2回、朝と晩に1時間ずつ妹の患部に当てたそうです。

始めた当初、妹はとても熱がったそうですが、続けるうちに徐々に熱さが和らぎ、半年ほど続けたある日、「全然熱くなくなった」と言ったそうです。それで病院に連れて行って診てもらったところ、がんはすっかり消えていました。

陽子線治療のために300万円を用意しましたが、On-Qの購入代金約7万円(当時)だけで済んだ、という話しです。

 
 三井式温熱治療器 On-Q 頭部熱盤を患部に当てる

抗がん剤との併用でPSA値が劇的に下がる

この話しを聞いてしばらく後、友人Kから、前立腺がんが骨転移しているという話しを聞きました。Kはとても人望のある人で、その話しを聞いた友人十数人がお金を出し合い、KにOn-Qをプレゼントしました。

それからKは抗がん剤(内服薬)を服用しつつ、On-Qを毎日2回患部に当て続けたところ、当初186だったPSA値(前立腺がんの腫瘍マーカー)がどんどん下がり始め、医者に「こんな短期間で急激に数値が下がった人は初めてだ」と驚かれたそうです。3年後にはPSA値が1以下になり、経過観察となりました。

温熱治療と抗がん剤の併用が功を奏したのでしょう。On-Qの説明書に抗がん剤との併用は避けるようにと書いてあったので、私が発売元の丼親堂に電話で尋ねてみたところ、強力な抗がん剤でなければ大丈夫とのことでした。丼親堂さんは電話の問い合わせに懇切丁寧に答えてくれます。

株式会社 丼親堂

免疫力を高めて万病予防

On-Qは遠赤外線の熱で体を温めるだけです。薬剤などは一切必要ありません。体を温めることで細胞を活性化し、免疫力を高めます。電気で灸を据えるイメージですね。詳しくは 丼親堂のホームページ をご覧ください。

がん細胞が熱に弱いというのは周知の事実ですが、丼親堂のホームページを見る限り、「がんも治る」という謳い文句は無いようです。そんなことを書いたら返って怪しまれ、売れなくなってしまうかもしれませんからね。

それはともかく、腰痛や肩こりにも効くというので、我が家でも買いました。類似商品がいろいろありますが、Aから聞いた三井式温熱治療器On-Qにしました。当時最安値はヤフー・ショッピングでしたが、おそらく今でもそうではないでしょうか。

On-Qには取扱説明書だけでなく、使用法解説のDVDや考案者三井と女子(みついとめこ)の著書も付いているので便利です。確かに肩こりはすぐに治ります。かすり傷に当てると新陳代謝が早まり、早く治るような気がします。

またOn-Qは免疫力を高めますので、毎日使うと万病予防になります。私の義父(83歳)は前立腺がんの治療で毎日使っているのですが、風邪をひかなくなりました。

所見

痛い思いをして手術を受けなくても、放射線で被爆しなくても、抗がん剤の副作用に苦しまなくても、こんなに簡単でお金のかからない方法でがんが治るならいいですよね。対症療法ではなく根本治療です。

私もがんになったら3大治療(手術・放射線・抗がん剤)はやめて、On-Qと免疫療法で治そうと思います。というのは、宣伝や広告ではなく、前述の話しを直接見聞きしたからです。

2017/12/10

にほんブログ村テーマ ガンなんて怖くない!みんなでガン予防へ
ガンなんて怖くない!みんなでガン予防

「現代広告の心理技術101」は消費者心理を科学的に暴き、顧客の心を研究し尽くした本です。広告を見た人が、買わずにはいられなくなる心のからくり…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする