アゲハ関連の記事は【アゲハふれあえない館】に引っ越しました

アゲハふれあえない館

果物を食べるタイミング 気をつけないと害になる

スポンサーリンク

弁当を食べたあとに果物を食べていたら、「食後の果物は体に悪いんだよ」と友人から言われました。

50数年生きてきて、初めて聞いた話。健康オタクの私としては気になったので調べてみたところ、友人の言うとおり。いろいろな事実がわかりました。

果物を食べる 悪いタイミング

酵素やビタミン、ミネラルを豊富に含む果物。

健康や美容に寄与しますが、食べるタイミングを考えないと、その効能が薄れるどころか、体に害を及ぼすことになりかねません。

どんなタイミングは避けたほうがいいのでしょうか。

食後のフルーツ

ありがちなのは、食後のデザートに果物を食べる習慣。我が家でもそうしていましたが、それは最悪のようです。

食物は概ね2時間から4時間で腸に達しますが、果物は30分ほどで達します。ところが、食後に食べた果物は、先に食べていた食物に邪魔をされ、他の食物と一緒に胃の中にとどまります。

そうなると、果物の酵素によって胃の中で発酵が始まり、せっかくの栄養分が取れなくなるどころか、糖の腐敗を引き起こし、他の食物とまとまって腸に進んでいき、悪玉菌を増殖させます。

また、果物は食べるとアルカリ性になって胃酸を中和するため、他の食物の消化が悪くなり、胃の負担が大きくなります。こうして、消化不良の原因にもなります。

その結果、胃もたれや下痢、便秘などの症状が出るかもしれません。

いいとこなしですね。

スポンサーリンク

 

夜食のフルーツ

夜食のフルーツもよくありません。

夜は消化酵素の分泌が悪くなるため、糖分の摂取を控えないと体脂肪が増え、内蔵にも負担がかかります。

夜の糖分摂取は控えめにということですが、果物も控えたほうがいいでしょう。果物には果糖が含まれているからです。

果物が血糖値を上げるかどうかに関しては諸説あります。果物に含まれる食物繊維が、急激な血糖値の上昇を抑えるという説もあります。

どうなんでしょうね。

 

果物を食べる いつがいい?

では、果物はいつ食べるのがいいのでしょうか。

朝の空腹時に食べるのがベストです。

果物は消化がよく、すぐエネルギーに変換されるので、一日の始めに向いています。

また胃が空っぽなら、果物の栄養を余すところなく吸収できます。

前述のとおり、果物は果物だけで消化されるようにするのが最善です。

食前に果物を食べる場合は、30分ぐらい間を置いてから食事をする食間に果物を食べる場合は、食事から2,3時間(消化の悪いものを食べた場合は4,5時間)たってから食べるといいでしょう。

スポンサーリンク

 

我が家では

我が家では、朝はスムージーを飲むだけにしています。

定番の果物はバナナ、りんご、柑橘類。あとは旬の果物で、いちご、ぶどう、キウイ、パイナップル、柿、桃、なし、メロン、スイカなど。

あれとこれの組み合わせはいいとか悪いとかあるようですが、そこまでは気にしていません。

あとは血行をよくするというシナモン(パウダー)と、スーパーフードと呼ばれるチアシード、飲む点滴と言われる甘酒を混ぜています。

スムージーは毎日飲んでも飽きません。

ただ、果物は消化が早いので、昼前にお腹がすいてしまうのが難点です。

 

2018/5/4,2020/5/21

にほんブログ村テーマ ◇ダイエット・健康◇へ
◇ダイエット・健康◇

コメント

  1. みにー より:

    こんにちは。ランキングからきました。食後の果物は良くないのですね。初めて知りました。ありがとうございます。

    • たむら船堀たむら船堀 より:

      そうなんですね。まだご存じない方が多いようです。コメントありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました