果物を食べる時間帯タイミング順番 気をつけないと害になる

弁当を食べたあとに果物を食べていたら、「食後の果物は体に悪いんだよ」と友人から言われました。理由がはっきりしなかったので、調べてみたところ、いろいろな事実がわかりました。

スポンサーリンク

果物を食べる よくない時間帯タイミング順番

果物には酵素やビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて、健康や美容に寄与しますが、食べる時間帯やタイミングを考えないと、その効能が薄れるどころか、体に害を及ぼすことになりかねません。

ありがちなのは、食後のデザートに果物を食べる習慣です。うちもそうしていましたが、それは最悪のようです。

食後のフルーツは最悪

食物は概ね2時間から4時間で腸に達しますが、果物は30分ほどで達します。ところが、食後に食べた果物は、先に食べていた食物に邪魔をされ、他の食物と一緒に胃の中にとどまります。

そうなると、果物の酵素によって胃の中で発酵が始まり、せっかくの栄養分が取れなくなるどころか、糖の腐敗を引き起こし、他の食物とまとまって腸に進んでいき、悪玉菌を増殖させます。

また、果物は食べるとアルカリ性になって胃酸を中和するため、他の食物の消化が悪くなり、胃の負担が大きくなります。こうして、消化不良の原因にもなります。

その結果、胃もたれや下痢、便秘などの症状が出るかもしれません。

いいとこなしですね。

夜のフルーツは控えめに

夜は消化酵素の分泌が悪くなるため、糖分の摂取を控えないと体脂肪が増え、内蔵にも負担がかかります。

夜の糖分摂取は控えめにという話しですが、果物も控えたほうがいいでしょう。果物には果糖が含まれているからです。

果物が血糖値を上げるかどうかに関しては諸説あります。果物に含まれる食物繊維が、急激な血糖値の上昇を抑えるという説もあります。

果物を食べる いつがいい?

では、果物はいつ食べるのがいいのでしょうか。朝の空腹時に食べるのが一番よさそうです。

果物は消化がよく、すぐエネルギーに変換されるので、一日の始めに向いているのと、胃が空っぽなら、果物の栄養を余すところなく吸収できるからです。

つまり、果物は果物だけで消化されるようにしたほうがいいということです。となると、食前に果物を食べる場合は、30分ぐらいたってから食事を取ったほうがいいでしょう。

食間に果物を食べる場合は、食事から2,3時間後、消化の悪いものを食べたのであれば、4時間ぐらいたってから食べたほうがいいでしょう。

我が家では

前述の点を考慮して、我が家では、朝はスムージーを飲むだけにしています。

バーミックスが故障中のため、今はバーミックスもどきで果物を攪拌しています。どうでもいい話しですが、バーミックスの修理代でバーミックスもどきが買えてしまうのです。

定番の果物はバナナ、りんご、柑橘類。あとは旬の果物で、いちご、ぶどう、キウイ、パイナップル、柿、桃、なし、メロン、スイカなど。あれとこれの組み合わせはいいとか悪いとかあるようですが、そこまでは気にしていません。そこそこでよいのです。

あとは血行をよくするというシナモン(パウダー)と、スーパーフードと呼ばれるチアシードを混ぜています。

ただ、果物は消化が早いので、昼前にお腹がすいてしまうのが難点です。

2018/5/4

にほんブログ村テーマ ◇ダイエット・健康◇へ
◇ダイエット・健康◇

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン中の今なら、なんと、た...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みにー より:

    こんにちは。ランキングからきました。食後の果物は良くないのですね。初めて知りました。ありがとうございます。

    • たむら船堀 たむら船堀 より:

      そうなんですね。まだご存じない方が多いようです。コメントありがとうございました。