オーダーシャツおすすめネット通販SKYRTAスキルタ評判

ワイシャツもスーツ同様、既製品よりオーダーのほうが断然いいです。少々割高にはなりますが、一度オーダーで作ってしまうと、既製品はもう着る気がしません。

今は店舗に足を運ぶのが面倒なので、ワイシャツはネット通販の店でオーダーしています。失敗した店もありましたが、今回初めて利用したこの店が、今のところ一番よさそうです。

スポンサーリンク

シャツ・ジャケットのオーダー専門通販サイト SKYRTA

数あるオーダーシャツのネット通販サイトを比較した結果、私が一番いいと思ったのはこの店です。

シャツ・ジャケットのオーダー専門通販サイトSKYRTA(スキルタ)。基本はパターンオーダーですが、別途料金を支払えばフルオーダーもできます。

SKYRTAのいいところはこんなところです。

  • 生地が豊富
  • 価格が手頃 高級品を除き、概ね6,000円~10,000円
  • パターンオーダーながらサイズ補正に幅がある
  • 一部の地域を除き、送料・代引き手数料が無料
  • 新規会員登録した人は1,000円分のポイントをもらえる
  • 生地のサンプルを送ってもらえる(無料)
  • サイズ確認用のサンプルシャツを送ってもらえる(送料515円のみ負担)

最後の2つはネット通販のウィークポイントを補う取り組みですが、特にありがたいのは、生地のサンプルを無料で送ってもらえることです。

生地の色や風合は画像だけではわかりません。ネット通販で買った服の色が、パソコンの画面で見た色とあまりに違っていて驚いた、という経験はありませんか?

私は某有名オーダー通販サイトで作ったシャツの生地が、想像していたものと色も風合も全然違っていて、がっかりしたことがありますので、サンプル生地の無料郵送サービスはかなりの高得点と思います。

こんな感じで届きます。

私が知る限り、こういうサービスをしている店はSKYRTAだけです。

試しに1着作ってみた

今回試しに1着、ピンクのボタンダウンシャツを作ってみました。

オーダーの流れはこうです。

オーダーの流れ

最初に生地を選びます。

これにしました。

ワイシャツはうちで洗って自分でアイロンを掛けますので、ほとんど綿ポリエステル混紡にしています。もちろんメーカーによりますが、総じて最近の綿ポリは風合がよくなっているように感じます。

生地を選んだあとのオーダーの流れはこうです。

STEP1からSTEP7までは、だいたいどの店も似たり寄ったりでしょう。

STEP8で寸法を入力しますが、最初に首回りを入力してから、体型を選びます。

このように、PO0からPO10までのパターンが用意されていますので、自分に合ったパターンを選びます。「PO」とはおそらくパターンオーダーの略号ですね。

次にユキ丈(袖丈)を入力してから、サイズ補正値を入力します。

このとおりサイズ補正には幅がありますので、よほど極端な体型でなければ、自分の体にフィットしたシャツを作れます。

私はテーラーで採寸してもらった寸法をもとに入力しましたが、自分の寸法がわからない人には、採寸方法の説明と動画も用意されています。

  

あとはSTEP9で入力内容を確認した後、カートに入れ、支払い手続きをして、終了です。

初めてのオーダーシャツ到着

シャツを注文した日は4月5日で、4月20日に届きました。

さすがにガゼットの補強まではしてありませんが、全体的にきれいな縫製です。私はあまり細かい所まで気にしませんので、これで十分満足です。特に肩口の縫製が気に入りました。

連休を挟まなければ、注文日から納期までは2~3週間です。1着プラス3,000円で、注文日の翌日発送というオプションもあります。

で、着てみました。

私は怒り肩なのですが、なんとツキ皺ができません。

パターンオーダーの大きな泣き所は、体型補正ができないことです。私は、テーラーでスーツやシャツをオーダーする時には、必ずツキ取りの補正を入れてもらうのですが、SKYRTAに電話で問い合わせたところ、案の定それはできないとの回答でした。

それでも、肩幅を広くすればいいというアドバイスをもらい、実寸より1センチ肩幅を広くしたのがよかったようです。

以前にテーラーのイージーオーダーで作ったワイシャツは、ツキ取りの補正を入れてもツキ皺ができますので、この点は高得点です。

ただ、とんだ落とし穴がありました。

SKYRTAでシャツを作る時の注意事項

落とし穴(想定外のこと)は2つありました。

既存シャツ胸回り採寸の落とし穴

まず、胸回りが窮屈なのでシャツを脱いで採寸してみたところ、胸回りは106㎝で注文したのに、100㎝しかありませんでした。

SKYRTAに電話してそのことを伝えると、背中のプリーツの部分を伸ばして測ってみるようにと言われ、そのとおりにやってみたら、確かに106㎝ありました。

しかし、普通そんな測り方はしない、現にサイトの採寸方法にもそんな但し書きはないと言って、食い下がりました。

このとおり、胸回りの採寸のところに「プリーツを伸ばして測る」なんてことは書いてありません。

この点は向こうも認めましたが、「でも、プリーツのことはちゃんと書いてある」とのこと。おそらくこれのことでしょう。

ボックスプリーツにしたので、これは私も覚えていました。それにしても、これを見てプラス6㎝にする人はいないでしょう。第一、「胸回りの寸法がノープリーツより約3㎝大きくなります」と書いてあります。

カフス回り採寸の落とし穴

もう一点、これは「落とし穴」と言っても、私の見落としになるのですが、カフス回りの採寸方法がこれまでの私のやり方と違っていました。

これまでにオーダーした店では、生地の端から端までがカフスの寸法でしたが、SKYRTAではこうなっていたのです。

そのため、23㎝で頼んだつもりが、25㎝になっていました。

「カフスの測り方は2通りある」というのが向こうの主張。私は知りませんでした。

作り直し

電話で議論の末、「こちらでも採寸したい」と言うので、「会社として作り直しを検討してほしい」と言い、着払いで送り返しました。

結局私の主張が認められ、カフス回りも含めて、作り直してもらえることになりました。不幸中の幸いといったところです。

作り直しはできないと言われたら、この記事 で書いたとおり、188(消費者ホットライン)に電話して訴えるつもりでした。

今回の件は採寸ミスではなく、シャツは向こうの意図どおりにできているとのこと。サイトの採寸方法の説明文を変えるそうです。どんな文章になるのか。「プリーツの部分を伸ばしてから測る」なんて採寸はないと思うのですが。

そのうち2着目を注文するつもりですが、今度はよく注意したいと思います。

追記:

作り直しのシャツが届きました。だいぶ待たされましたが、今度は大丈夫です。ホームページを見たところ、シャツの採寸方法はこのように修正されていました。

赤枠の部分が追加されています。まさかないだろう、と思っていた採寸の仕方です。こんな採寸の仕方ってありますか? 

会社としてはこうするのが一番楽な対応なのでしょうが、他社では見かけない採寸方法ではないでしょうか。注文する際はご注意ください。

2018.5.31

あとがき

忙しい日々を過ごしている方なら、ワイシャツはネット通販で済ませたいと思うのではないでしょうか。

私はスーツのオーダーなら喜んで店に足を運びますが、ワイシャツのオーダーでは、もうわざわざ店に行くことはないと思います。というのは、サンプル生地を無料で送ってくれるSKYRTAなら実店舗と大差なく、安心してオーダーできるからです。

初めての注文で少々もめましたが、いい店を見つけたと思っています。

2018/5/8

にほんブログ村テーマ 大人のメンズファッション♪へ
大人のメンズファッション♪

話題のFXトレーダー、維新の介の著書「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」が、今なら無料(送料のみ負担)で手に入ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする