JEMTC有償譲渡会評判 パソコン買ってきました

本日、JEMTC(ジェムテク)が主催するパソコンの有償譲渡会に行って、中古パソコンを買ってきました。(厳密に言うと、譲り受けてきました)。

この記事では、(1)JEMTCとはどんな団体なのか、(2)パソコンの有償譲渡会とはどんな催しなのか、(3)有償譲渡会の様子、(4)譲り受けたパソコンについて書きます。

どうぞ参考になさってください。

スポンサーリンク

JEMTCとはどんな団体なの?

JEMTC(ジェムテク)の正式名称は、一般社団法人日本電子機器補修協会です。

簡単に言いますと、JEMTCとは、リース終了後の電子機器を再生し、一般家庭で有効活用できるようにすることをおもな事業とする団体です。

愛知県名古屋市に拠点を置き、2013年7月から活動しています。

詳しくは JEMTC公式サイト をご覧ください。

怪しい団体ではなさそうです。

パソコンの有償譲渡会とはどんな催しなの?

私がJEMTCのパソコン有償譲渡会を知ったのは、このような郵便物(チラシ)がポストに入っていたからです。

これを見てみますと、この有償譲渡会は、温室効果ガス(CO2)削減の目的でパソコン事業団体とJEMTCが共同で取り組む社会事業となっています。

「本催しの開催趣旨」として、こう書いてあります。

大企業や官公庁では、情報セキュリティを強化するためにパソコン機器を定期的に入れ替えます。これらは3~5年のリース契約で運用され使用頻度が少なく、この先も十分使用できる美品状態の機器が多いことが特徴です。この有償譲渡会は全国の自治体単位で既に4,000回以上開催のべ350,000台を譲渡し、東京都内においても既に17,000台以上の機器を一般のご家庭や事業所に有効活用頂いています。

営利目的ではない、社会事業なんですね。後援にTBSラジオとTOKYO FMが入っています。

中古パソコンを買ったことは一度もないのですが、今使っているパソコンが買い替えの時期に来ているので、行ってみることにしました。

有償譲渡会の様子

今回の有償譲渡会の会場は、都営地下鉄大江戸線両国駅すぐ近くの国際ファッションセンター(KFCビル)のKFCホール、開催日時は1月5日(土)と6日(日)、両日とも11時~13時と15時~17時でした。

会場に着くと、まずホールに入る前に並ばされ、このようなチラシを渡されます。

ここには有償譲渡会の趣旨や注意事項、よくある質問とその答えなどが書いてあります。

5分程待たされてからホールに入ると、今度は50人程のグループになって椅子に座らされ、先客がある程度はけるまで待たされ、その間に譲渡品となるパソコンに関するビデオ(約6分)の上映がありました。

ビデオ上映が始まるところ

その後、パソコンの展示スペースに移動しましたが、パソコンは2万円台、3万円台、4万円台、5万円台と、価格帯ごとに分けられて長机に置いてありました。

つぶさに見たわけではありませんが、各価格帯に4つから6つの機種が並べられていたと思います。一番人だかりができていたのは、2万円台の机でした。

置いてあるのはすべてノートパソコンです。JEMTCのオリジナル製品1機種だけが新品で、あとはすべて中古。メモリは最大4GBで、ストレージがSSDの機種もありました。但し、SSDの容量は60GBか120GBしかありませんでした。

私がちゃんと見たのは5万円台の機種だけでしたが、富士通と東芝の製品しかなかったと思います。その辺は日によって変わるのでしょう。

JEMTCが扱っているパソコンは官公庁や大企業で使っていたものなので、Wi-Fi内蔵の機種は多くありません。そういう所では情報漏洩防止のため、無線LANを使うことはあまりないからです。それでも、Wi-Fi内蔵ではない機種には、新品の子機を無料で付けてくれます

とにかく大盛況で、会計は長蛇の列。20分は並びました。支払いは現金のみです。

会計に長蛇の列(3列)

梱包はパソコン本体をプチプチの袋に入れるだけです。昨日「梱包はどうなっているのか」と電話で問い合わせたところ、プチプチの袋に入れるだけなので、自分で持ち帰り用の袋を持って来てほしいと言われました。

最初に受け取った郵便物にも、「エコの開催趣旨から、譲渡希望の方は持ち帰り用の袋をご持参下さい」と書いてあります。ところが、袋を持って来ていない人には、このような布製の手さげ袋を配っていました。

私が行ったのは本日1月5日で、10時55分頃に着いたのですが、すでに100人を優に上回る先客がいました。その半分は、すでに譲り受けたパソコンを持って会計の列に並んでいましたので、おそらく10時半頃に来ていたのではないかと思います。

20代から中高年までいろいろな年齢層の人がいて、ちらほら子供連れも交じっていました。

最初の部終了間際で人がまばらになった時間帯

有償譲渡会の開催予定は こちら で見ることができます。

北海道から沖縄まで、日本全国津々浦々で開催しています。

有償譲渡会で譲り受けたパソコン

有償譲渡会で私が譲り受けたパソコンおよび付属品は以下のとおりです。

本体

メーカー: 富士通
品名: LIFEBOOK A561/D
CPU: インテルCore i5
メモリ: 4GB
ストレージ: SSD 120GB
ディスプレー: 15.6型
光学ドライブ: 再生専用
無線LAN: 内蔵

私の意にかなうスペックの機種はこれ1つだけで、ほかに選択肢がなく、しかも最後の1台でしたので即決でした。在庫切れの場合は予約して、次の回(15時~17時)に取りに来れば受け取れるとのこと。おそらく時間帯毎に譲渡する台数を決めているのでしょう。

この機種(この日の最上位スペック)は10台限定。私が手に取ったのは11時半頃でしたが、すでに最後の1台ということは、人気商品だったのか、それともこれで妥協した人が多かったのか。

外装に目立つ擦り傷があり美品とは言えませんが、HDDを新品のSSDに交換してあります。

「お譲り価」は58,000円プラス消費税で62,000円。本来なら58,000円×1.08で62,640円となるところですが、気前よく端数は切り捨て。キャッシュオンリーなので、お札だけにしたかったのかもしれません。

というか、今になって気づきましたが、譲渡に消費税がかかるのか? どうなんですか。

付属品

すべてのパソコンに以下の付属品が付いています。

  • パソコン初心者用教本「趣味のPC」
  • Windows10初心者用ガイドブック
  • 筆まめベーシックVer27インストール用DVD
  • 電源ケーブル

付属ソフトウェア:

  • Windows10 64bit
  • WPS Office 2016年版
  • 筆まめベーシック

各ソフトウェアはプリインストールされていて、初期設定も済んでいますので、すぐに使えます。

WPS Office … キングソフトのオフィス。Microsoft Officeと互換性があるそうです。
筆まめ … 年賀状・はがき作成? なんだかよくわかりません。

教本、ガイドブックはいずれもJEMTC発行です。

保障とサポート

すべてのパソコンに2年間の保障が付いており、機器不具合による故障は無償で修理してもらえます。中古パソコンで2年保証はうれしいサービスです。

電話によるサポートもあります。年中無休(年末年始、その他臨時休業日を除く)10:00~17:00フリーダイヤルで受け付けています。

利用者には中高年のパソコン初心者が多そうなので、これは得点が高いでしょう。

あとがき

有償譲渡会の趣旨は資源の有効活用、環境保全といったところなので、好感が持てます。JEMTCは信頼できそうな団体で、譲渡品のパソコンには保障も電話サポートも付いているので安心です。

しかし、パソコンはお買い得と言えるかどうか、微妙なところです。

帰宅後、私が譲り受けたLIFEBOOKはいくらぐらいするのか調べてみたところ、25,000円ぐらい安く買えることがわかりました。しかも、メモリは8GBでWindowsOffice2016が付いていて、SSDの容量は倍の240GBです。ただ、それはヤフオクなので初期不良以外、保障は一切ありません。

保障を取るか、値段を取るか、難しいところです。

追記(2019.3.10):

結局、パソコンは返品しました。JEMTCの返品処理に関心のある方は、こちらの記事をご覧ください。

先週の土曜日にJEMTC(ジェムテク)有償譲渡会で譲り受けたパソコンは、翌日に返品しました。パソコン自体に問題があったからではありません。 ...

2019/1/5

にほんブログ村テーマ ノートパソコンやモバイルに関するコミュへ
ノートパソコンやモバイルに関するコミュ

バブル崩壊、リーマンショック、トランプ当選を予言した気鋭の国際政治学者、藤井厳喜の月次レポート(ビデオ講座)、「ワールド・フォーキャスト」の…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする