吹田スコア 動脈硬化 冠動脈疾患発症リスクの新たな指標

私は高脂血症患者なので、抗コレステロール剤をもらうために、2か月に一度通院しています。先週は区民健診の結果を持って行ったのですが、そこで初めて吹田スコアを知りました。

スポンサーリンク

吹田スコアとは?

吹田(すいた)スコア。聞いたことありますか?

吹田スコアとは、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)予防医学・疫学情報部の研究チームが開発した、心筋梗塞など冠動脈疾患の10年間の発症危険度を予測するリスクスコアです。

国立循環器病研究センターのホームページにはこう書いてあります。

日本人の心筋梗塞発症リスクは欧米人に比べて極めて低いため、欧米で用いられてきた10年間の冠動脈疾患の発症を予測するスコアであるフラミンガムリスクスコア(FRS)は、日本人には不正確と考えられるもののこれまで妥当性が検討されていませんでした。一方慢性腎臓病(CKD)は近年冠動脈疾患のリスクとして注目されていますが、FRSでは検討されておらず、CKD患者にFRSを適用すると冠動脈疾患発症リスクが過少評価されることが知られています。

要するに、これまで広く使われてきた冠動脈疾患発症リスクの指標は、日本人の実態に則していないため、より正確な予測をするために吹田スコアを開発したというわけです。

私のホームドクターも、「これまでは国際基準で判断していたが、日本人は白人や黒人に比べると心筋梗塞になる人が少ないので、新たな基準ができた。これからはコレステロール値単独ではなく、幾つかの危険因子と併せて判断するようになった」というようなことを述べていました。

すでに多くの医療機関で、吹田スコアが冠動脈疾患発症リスクの標準的な指標になっているのではないでしょうか。

吹田スコア計算表

これが吹田スコアの計算表です。

8つの危険因子は①年齢、②性別、③喫煙有無、④血圧、⑤HDLコレステロール、⑥LDLコレステロール、⑦糖尿病リスク、⑧血縁家族の冠動脈疾患既往歴です。

ホームドクターが記入した私の計算結果はこうでした。

45点。10年以内の冠動脈疾患発症確率2%、中リスク、という結果でした。良くもなく悪くもなくといったところでしょうか。

「これならもう抗コレステロール剤は飲まなくていいのでは」と尋ねてみたら、「薬をやめたらLDLコレステロール値がぐんと上がるから、飲み続けないとだめ」とのこと。

もうかれこれおそらく10年以上リピトールを飲み続けているので、何か副作用があるのではないかと思っているのですが、医者は「血液検査の結果を見る限り大丈夫」の一点張り。いいホームドクターなので、良好な関係を保ちたくて、仕方なく飲み続けています。

それはともかく、この計算表によると、55歳以上の男性は低血圧か、HDLコレステロールが多くなければ、全員中リスクになります。

最悪なのは高血圧で、HDLコレステロールが少なく、LDLコレステロールが多く、血縁家族に冠動脈疾患発症者がいる、煙草を吸う糖尿病の70歳以上の男性です。85点。10年以内の冠動脈疾患発症確率28%以上。

甘いもの好きで煙草を吸う大食漢のおじいさん。いそうな気がします。

所見

「冠動脈疾患発症予測脂質管理目標値設定ツール」という、長い名称のアプリもあります。

これも吹田スコアの計算表に基づいているようです。試しにダウンロードして測定してみたら、上記の結果と同じでした。

中高年の方は、健康診断のデータがあるなら、一度計算してみたらどうでしょう。寿命が延びるかもしれません。

2018/6/14

にほんブログ村テーマ 健康管理の為に身体について気を付ける事へ
健康管理の為に身体について気を付ける事

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン開催中の今なら、なんと...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする