アゲハ飼育日誌2014 アゲハの「顔」羽化しない越冬さなぎ

アゲハ飼育日誌2020年第14稿:

政府の要請に応じ、不要不急の外出を控えているせいか、今年になって近所で飛んでいるアゲハを見たのは一度だけ。ナミアゲハでした。

アオスジアゲハはうちから飛んでいったのを見ただけ。それでも卵はあったので、いることは間違いなく、私が見ていないだけ。

アゲハ飼育全開の5月は季節的にも最良の月。春らんまん。春たけなわ。

スポンサーリンク

今季初

2020.5.12~13

この時期は”今季初”が続きます。今回の”今季初”は、アオスジアゲハの卵採取&孵化。

かみさんをバイクの後ろに乗せて走っていたら、「いかにもいそう」と言うので、引き返して街路樹(クスノキ)の脇芽を覗いてみたら、ありました。

アオスジアゲハの卵2つ。(どっちもピンボケですみません)

うちに帰ってから、よく見ると、

2つとも孵化目前であることがわかりました。

予想どおり、翌日孵化。

今季初のずんぐりしゃもじ型誕生です。

アゲハの顔

これまで、いろいろなアゲハの「顔」を紹介してきましたが、今回はこの2つ。

ふり向けば顔

2020.5.15

ふり向くと、「顔」が現れます。

ナミアゲハ若齢幼虫の背中にも顔があったのでした。

猫? 驚いたような、何か言いたそうな顔。

キンカン顔

2020.5.16

ナミアゲハの幼虫が脱皮した後の顔に注目してください。

キンカン顔。

このあとすぐ黒くなります。

これは2齢から3齢に脱皮した直後、つまりお面が取れたすぐ後でした。

3齢から4齢の脱皮でもこうなるのではないかと思います。

第2陣

2020.5.15~17

アオスジアゲハ第2陣の卵(2つ)採取。

新芽がこのようなピンク色になるクスノキがあります。

孵化。

初齢幼虫。にぎやかですね。

雪の結晶のように見えます。かみさんは「カーニバルのよう」と言っていました。

これは4日前に孵化した2齢幼虫。

すでに、ずんぐりしゃもじ型になっています。

羽化しない

2020.5.19

今年の日誌8稿 に書いたアオスジアゲハの越冬さなぎ2匹が、いまだに羽化しません。

1匹はこのように若干色が濃くなったので、2週間くらい前に部屋の中に入れたのですが、それから全く変わっていません。

葉っぱが枯れて、張り巡らしてる糸が浮き上がってしまいました。

これは 昨年の日誌59稿 に書いてあるさなぎ3匹のうちのどれかなので、蛹化したのは昨年11月下旬か遅くとも12月1日。半年以上経過しています。

最近、昨年の6月中旬に蛹化したさなぎが、今年の4月中旬に羽化したというツイートを見ましたので、驚くほどのことはではありませんが。

ベランダのもう1匹は、最初のあざやな緑色のままです。

どちらも寄生されている様子はなく、病気でもなさそう。気長に待つしかありません。

2020/5/19

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。

寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら9…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから