アゲハ飼育日誌2004 歪に膨らんだお腹 女子の語らい

アゲハ飼育日誌2020年第4稿:

立春。

いい響きですね。冬は大嫌いなので、心が和みます。

それに、今日の東京は雲が多いものの最高気温13度、3月上旬並みとの予報。暦どおりの天気です。

この日を待っていました。

スポンサーリンク

歪に膨らんだお腹

2020.1.23

前稿 の最後に書いたナミアゲハの拡大写真を撮りました。

歪に膨らんだお腹。中に溜まったハチミツが透けて見えます。

ナミアゲハはポンピング( 昨年の日誌61稿参照 )をしないのでしょうか?

ハチミツにはチョウに必要な塩分が含まれていますが、今の餌やりの仕方でいいのかどうか、考えさせられます。

女子の語らい

2020.1.24

卓上ライトの下で

語らう女子たち。

A子の話しを聞いて、B子は転げ回ってうけています。

6分後。

今度はC雄の近くに来て、何やら話し始めました。

C雄はじっと耳を傾けています。…

土の中に

2020.1.25

前々稿 に書いたヤサイゾウムシの幼虫は、さなぎになるようです。

鉢植えの土に潜りました。

かみさんはヤサイゾウムシが土に潜って蛹化することを事前に調べていて、ベランダの鉢植えに移していました。

いつ成虫になって出てくるのか。

そのうち掘り起こしてみるようです。

久しぶりの日向ぼっこ

2020.1.29

東京は8日ぶりに晴れました。

冬のナミアゲハ3頭はまだまだ元気です。

久しぶりの日向ぼっこ。

チョウは体が冷えていると、翅を広げて熱を吸収し、体が温まると動き出します。

やっぱり自然光はいいようですね。見ていると、幸せな気分になります。

あとがき

一昨日の朝日新聞朝刊に、チョウが絶滅の危機に瀕しているという記事が載っていました。

環境省と日本自然保護協会が2008年から10年間、全国の里地や里山を調べてみたら、対象のチョウ87種のうち約4割が10年あたり30%ものペースで減っており、絶滅が危惧されるほどの減少率であるとのこと。

国蝶オオムラサキの減少率は年16%、最も深刻なミヤマカラスアゲハに至っては、年30%を超えているそうです。

背景として考えられるのは里地や里山の変化ということなので、私が住む都市部とは無関係なのかもしれませんが、アゲハ愛好家としては悲しいニュースです。

オオムラサキもミヤマカラスアゲハも、いまだ現物を見たことはなく、もう一生見れないかもしれません。

2020/2/4

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。

寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら9…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから