アゲハ飼育日誌1953 切れた背中のV字 アケビコノハ

アゲハ飼育日誌2019年第53稿:

去年のアゲハ飼育は10月末で終了しましたが、今年はまだ幼虫がいます。かみさんは「この時期になってもまだ世話をできるなんて」と言って喜んでいます。

スポンサーリンク

切れた背中のV字

2019.11.12~14

前回の日誌 で「今季最後の雄姿にして美形」と書いたナミアゲハの幼虫ですが、実は背中の模様がちょっと変わっていました。

通常、背中の模様はV字のラインがセンタリングされていますが、このとおり、V字のラインが途中で切れています。

今までになかった模様なので心配していたところ、前蛹もこのとおり、

固定したおしりの位置がずれていました。通常、頭とおしりは直線上にあります。模様だけでなく、中身もおかしいのか。

これで心配の度合いが深まりましたが、

無事さなぎになりました。

背中の模様の異常は心配なさそうです。羽化してみないとわかりませんが。

アケビコノハ見事な擬態

2019.11.13

蛾にはあまり興味がないのですが、これには驚きました。

右側

左側

かみさんが外で撮ってきた写真です。

調べてみたところ、アケビコノハという蛾でした。どう見ても枯れ葉にしか見えません。ほのかな緑色の斑点まで入っている精巧さに脱帽します。

それでも上から見ると、このとおりバレバレ。触覚が出ていて、ナマズのようにも見えます。

今年の日誌9稿 に書いたとおり、蝶と蛾の見分け方はいろいろありますが、擬態の巧みさも蛾の特徴に加えたほうがいいような気がします。

ベランダ組全員蛹化

2019.11.13~15

ベランダのアオスジアゲハが全員(5匹)蛹化しました。

これは最後の1匹です。

11月13日。糸掛けが済んだ前蛹。アオスジアゲハはナミアゲハのように、くの字にはなりません。

11月15日。最後の脱皮終了。

脱け殻

残りは玄関のダンボール箱にいる幼虫3匹ですが、さなぎになるのはだいぶ先になりそうです。

ダンボール組全員終齢に

2019.11.17

最年少のアオスジアゲハが終齢幼虫になりました。

これで我が家にいるアゲハの幼虫はすべて最終形態になり、近々ベランダの鉢植えに移しますので、かみさんの約半年に及んだ今季の幼虫餌やりは間もなく終わります。

それはともあれ、ヤドリバエやなんとかバチは4階までは上がって来ないだろうと思っているのですが、考えが甘いでしょうか。

これまでに我が家で寄生された幼虫はいませんし(おそらく)、ベランダの先発5匹は今のところ大丈夫そうなので、楽観視しています。

今年は寄生虫や病気に悩まされました。

おまけ

今年の日誌47稿 に書いた「第3の寄生虫」、なんとかバチの幼虫は羽化しませんでした。

どんな成虫が出てくるのだろうかと楽しみにしていたのですが、ビニール袋に入れたままにしていたからでしょう。

悪いことをしてしまいました。

2019/11/19

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら980円(…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから