アゲハ飼育日誌1948 第4の寄生虫? 越冬の準備始まる

アゲハ飼育日誌2019年第48稿:

東京は最高気温が20度を下回る日が続き、アゲハ飼育での関心が羽化から越冬に変わる時期になったことを、肌で感じています。

と言いつつ、羽化の話しから。

スポンサーリンク

久しぶりの健康体

2019.10.14

ようやくアオスジアゲハがまともに羽化しました。

久しぶりの健康体。

写真の履歴を辿ってみると、前回のまともな羽化は7月31日のようなので、2か月半ぶりです。

これは玄関の靴箱の上に置いてあったさなぎから出てきたのですが、全くのノーマークで、突然天井のLEDの周りをパタパタ飛び始めたので驚きました。

これで呪縛が解ければよいのですが。

飛び立つ前にベランダでひと休み。

越冬の準備

2019.10.15

冒頭で述べたとおり、今の目標はさなぎをたくさん越冬させることです。

アオスジアゲハ

アオスジアゲハの幼虫はベランダのクスノキの鉢植えに移しました。

右の2匹は終齢幼虫の時点で採取してきたので、越冬するのではないかと期待しています。左の1匹は若齢時から室内で育ったので、羽化してしまうでしょう。

ここには映っていませんが、ほかに卵1個と2齢か3齢幼虫が1匹います。それは越冬の可能性大と思っていますが、わかりませんね。

鉢植えには鳥よけのネットをかけてあるので、あとは寄生されないことを願うのみ。寄生バエや寄生バチは4階まで上がってくるのか。

ナミアゲハ

ナミアゲハの幼虫は7匹いますが、そのすべてを養えるほどの鉢植えはありませんので、今はこうなっています。

この中に柑橘類のビン刺しが数本置いてあります。

最初はこれをベランダに置いていましたが、陽当たりが良くて葉っぱがしおれてしまいましたので、今は玄関先(外廊下)に置いています。

青虫は1匹だけで、あとは鳥の糞。気温が下がってからは葉っぱを食べる量が減り、脱皮の間隔が長くなりました。

表裏二体。

第4の寄生虫?

2019.10.17

これは何でしょうか。

ナミアゲハのさなぎと枝をしっかりつなぐ糸というか、接着剤のようなもの。いつの間にかくっついていました。

ヤドリバエ、タマゴコバチ、同定できない寄生蜂に次ぐ、第4の寄生虫?

この枝を入れていたダンボール箱には何もいません。すでに脱出したのか。

それとも、さなぎの中にいるのか。(さなぎに穴は開いていないように見えますが、わかりません)

こうして暗い場所でライトを当ててみてもわかりません。

気持ち悪いので、このさなぎは隔離して様子を見ています。おそらく死んでいるでしょう。

何が起きているのか、ご存じの方は是非コメントをください。情報を共有できれば嬉しいです。

2019/10/18

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから