アゲハ飼育日誌1947 第3の寄生虫 蛹にも顔 謎の突然死

アゲハ飼育日誌2019年第47稿:

「大型で非常に強い」台風19号が間もなく関東に上陸します。現在江戸川区では大雨、洪水、暴風、波浪警報発令中。外がだんだんうるさくなってきました。

この記事は停電になる前に書き終えたいと思います。

スポンサーリンク

第3の寄生虫

2019.10.10

新手の寄生虫が現れました。ヤドリバエ、タマゴコバチに次ぐ第3の寄生虫。

やですね。

7時37分

なんですか?これは。

アオスジアゲハ4齢幼虫のおしりの近くを食い破って出てきて、糸を吐いて繭を作りつつ、葉っぱにぶら下がっています。

なかなか高度なことをしますね。繭の中で動いています。

何という虫なのか調べてもわからず、ツイッターやYahoo!知恵袋で回答を寄せていただいたところ、ホウネンタワラチビアメバチか、ギンケハラボソコマユバチのようです。

そのうち時間が取れれば調べてみたいと思いますが、寄生虫の世界もなかなか奥深いようですね。

繭は隔離して、しばらく様子を見てみます。

寄生されていた幼虫はこのあともしばらく生きていましたが、葉っぱを食べることはなく、夕方死にました。

アオスジアゲハの受難が続きます。

SNSでは寄生虫が「おしりから出てきた」と書いてしまいましたが、「おしりの近く」の間違えでした。申し訳ありません。謹んでお詫び申し上げます。

ここから出てきました。

さなぎにも顔

2019.10.10

クロアゲハはさなぎにも顔があります。

さなぎの顔。少し笑っている鳥? ピカチュウ?

最近こんなことばっかり書いていますね。すみません。

これはアクリルケースで蛹化したさなぎです。今年の日誌43稿 に書いた洗面台のクロアゲハほどではありませんが、きれいな緑色でした。

蝶々さんはゆったり飛び立っていきました。

謎の突然死

2019.10.11

そこそこ大きくなっていたナミアゲハ終齢幼虫が、突然葉っぱから落ちて死にました。

突然死は若齢幼虫に多く、終齢幼虫は稀です。

謎の突然死。

死因はさっぱりわかりませんが、1箇所腹脚に黒く変色した部分がありました。

拡大すると…

これは何でしょうね。

傷? かび? 寄生虫関連?

幼虫がとまっていた枝にも、同じような付着物がありました。

(ピントが合っていなくてすみません)

いったい何でしょうか。ご存じの方、ぜひ教えてください。

あとがき

きょう私は一歩も外に出ていませんが、かみさんは台風の中、ちびっこ幼虫を2匹連れて帰ってきました。

残念ながら1匹は死んでいましたが、1匹はなんと脱皮中でした。たくましいですね。

我が家で仲間と一緒に在宅避難。

「もう大丈夫だよ」。

停電前に書き終わりました。

もう大丈夫です。

2019/10/12

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから