アゲハ飼育日誌1905 ガングロ糞飛ばし 葉っぱ浸食の非情

アゲハ飼育日誌2019年第5稿:

明日から梅雨入りの予報。すでに陽射しは夏と変わらないような気がします。街を飛び交うアゲハたちがだんだん増えてきました。

スポンサーリンク

ちびっこは葉っぱシェア

2019.6.1~

ちびっこアオスジくんたちは、よく同じを葉っぱをホームにしています。ナミアゲハやクロアゲハの鳥の糞では、あまり見かけない光景です。

そんな中で、かみさんが糞処理の動画を撮りました。

相変わらず飛ばします。ガングロ青虫。

3齢幼虫になると葉っぱを占有したくなるようで、今年の日誌第2稿 に載せた動画のように、侵入者を追っ払います。自我が芽生えてくるのかもしれません。(笑)

さなぎの葉っぱ浸食の非情

2019.6.3

ちっぽけな木に幼虫を10匹も放したほうが悪いのですが、アオスジマンションでひどいことがおきました。すでにさなぎが貼り付いている葉っぱを、幼虫が食べ始めたのです。

仲間同士協力しないのですね。かみさんが見ていたら、さなぎが激しく動いて抵抗していたそうです。自然界でもこんなことが起きるのでしょうか。

幼虫はかみさんが別の葉っぱに移しました。放っておいたらどうなったのか。

蛹化前の足場固め

2019.6.4

インスタグラムのフォロワーさんから、前蛹になりそうな幼虫が下を向いてしまったけど大丈夫なのか、との問い合わせがありました。

こんな状態です。

これは、さなぎになる場所を決めた幼虫が、おしりをくっつける場所に糸を吐いているところです。前蛹からさなぎに脱皮する時は、激しく体を動かしますので、おしりをしっかり固定しておかないとだめなのです。

こちらの記事を見ていただきますと、その激しさがよくわかります。

アゲハチョウの幼虫がさなぎになるまでの期間に起きることは興味を引きます。どんなことが起きるか、ご存じですか? この記事では、前蛹になる...

今季夏型初の羽化

2019.6.4

今年の日誌第1稿 に書いた、5月10日に孵化したナミアゲハ2匹のうち1匹が、無事羽化しました。

こんな写真を撮っていたら、ぴくぴく動き出したので、あわててビデオに撮りました。

残念ながら途中から。ケース越しに撮ると不鮮明になると思い、上から撮ったのですが、このアングルはあまりよくありませんね。どうも私がやることはだめです。

このあと、かみさんが帰ってくるのを待って放蝶。今季夏型初の出立。

2019.6.6

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから