モンシロチョウ幼虫飼育 越冬さなぎ あげはランド番外編

2017年11月24日、アゲハがすべていなくなり、寂しくなった我が家に、珍客がやってきました。スーパーで買ってきたブロッコリーのラップを剥がした時に、ぽとっと落ちた、丸まった青虫。

動かないので死んでいるのかと思っていたら、むくむくと動き始めたので、かみさんは大喜び。ネットで調べてみたら、モンシロチョウの幼虫でした。

スポンサーリンク

モンシロチョウ幼虫 久しぶりの食事?

早速餌やり。とりあえず、冷蔵庫にあったキャベツをあげました。

よほど腹が減っていたのか、最初はこのようによく食べていましたが、そのうち食べなくなりました。新鮮ではなかったからでしょう。

25日、かみさんがスーパーでもらってきた、新鮮なブロッコリーの葉っぱをやると、食べ始めました。

よく食べたので…

モンシロチョウ幼虫 越冬の準備

26日、幼虫の大きさを見て、さなぎになる日が近いと判断したかみさんは、越冬用のケースを作りました。100円ショップで買ってきたプラスチックのケースに、熱くしたアイスピックで空気穴を開けています。

28日、ケースの壁をよじ登り、さなぎになる準備を始めました。一生懸命糸を吐いています。

29日、もう動きません。

12月1日、脱皮しました。

我が家初の越冬さなぎ

4日、すっかり冬の色になりました。我が家で初の越冬さなぎです。

本日2018年2月23日、ベランダで春を待っています。

2018/2/23

にほんブログ村テーマ 昆虫へ
昆虫

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする