モンシロチョウ幼虫飼育 越冬さなぎが羽化するまで

アゲハ飼育日誌番外編:

2017年11月24日、アゲハがすべていなくなり、寂しくなった我が家に、珍客がやってきました。スーパーで買ってきたブロッコリーのラップを剥がした時に、ぽとっと落ちた、丸まった青虫。

動かないので死んでいるのかと思っていたら、むくむくと動き始めたので、かみさんは大喜び。調べてみたら、モンシロチョウの幼虫でした。

スポンサーリンク

モンシロチョウ幼虫 蛹になる前

我が家でモンシロチョウの飼育は初めての経験です。

最初の餌やり

早速餌やり。とりあえず、冷蔵庫にあったキャベツをあげました。

よほど腹が減っていたのか、最初はこのようによく食べていましたが、そのうち食べなくなりました。新鮮ではなかったからでしょう。

翌日、かみさんがスーパーでもらってきた、新鮮なブロッコリーの葉っぱをやると食べ始めました。

蛹化の準備 越冬

26日、幼虫の大きさを見て、さなぎになる日が近いと判断したかみさんは、越冬用のケースを作りました。

100円ショップで買ってきたプラスチックのケースに、熱くしたアイスピックで空気穴を開けました。

28日、ケースの壁をよじ登り、さなぎになる準備を始めました。一生懸命糸を吐いています。

29日、もう動きません。

12月1日、脱皮して、さなぎになりました。

4日、すっかり冬の色になりました。

これまでアゲハのさなぎが越冬したことはありませんので、我が家で初の越冬さなぎです。

ベランダで春を待っています。

越冬モンシロチョウの羽化

時は流れて、2018年3月23日。羽化が近いようなので、越冬さなぎを羽化セットに移しました。

越冬さなぎ 羽化の準備

こうしておけば、羽化した時に割り箸につかまることができ、上まで歩いて水平の割り箸にぶら下がり、羽を伸ばすことができます。

これはアオスジアゲハを羽化させる時のセットと同じです。人工的な空間で蛹化した場合には、このようなサポートが必要になります。

羽化

3月26日、羽化前日。

すでに羽の模様が見えています。

3月27日、10時頃に羽化しました。

そろそろ出てきそうだと思って、部屋の中に入れていたのですが、気づいた時にはこのように割り箸にとまっていました。

羽化の瞬間を見逃してしまい、残念です。

くちゃくちゃだった羽が伸びました。

なかなか飛ばないので、ベランダに置いてあるカタバミの鉢に乗せました。

しばらくしてから見てみると、コンクリートの上にいました。飛ぶのに失敗したのか。

このあと鉢に戻しました。そのうち飛んでいくでしょう。

あとがき

モンシロチョウはアゲハと比べると小さくて地味ですが、育ててみれば、なかなか可愛いものです。我が家で初の越冬さなぎが無事に羽化して、ほっとしています。

もう思い残すことはありません。

おまけ

3月24日、モンシロチョウ越冬さなぎを羽化セットに移した翌日、今度はスーパーで買ってきた小松菜に青虫が付いていました。

てっきり、これもモンシロチョウの幼虫だと思っていたら、違いました。なぜわかったかと言うと、

このとおり、蛹化の時に繭を作ったからです。調べてみたところ、これはコナガ(小菜蛾)のようです。幼虫はモンシロチョウとそっくりで間違えやすいとのこと。いろいろいますね。

この記事は再編集して3つの記事を1つにまとめたものです。

2018/3/27,12/8

にほんブログ村テーマ 昆虫へ
昆虫

「現代広告の心理技術101」は消費者心理を科学的に暴き、顧客の心を研究し尽くした本です。広告を見た人が、買わずにはいられなくなる心のからくり…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする