アゲハ飼育日誌2005 場所取り争い 老蝶介護 飼育終了

アゲハ飼育日誌2020年第5稿:

立春を過ぎ、ちらほら春の便りが届くようになりました。

例えば、河津桜満開の知らせ。いいですね。

外で羽化したらしきアゲハチョウの知らせも。よほど暖かい所にいたのか。これはちょっと早すぎます。

スポンサーリンク

場所取り争い

2020.2.4

窓際の日向ぼっこ。狭い空間でこんなことも。

場所取り。

ちびっこ一姫は翅で軽くあしらわれ、ひっくり返って、じたばた。キーーーッ!

現存冬アゲハ3頭はどれも老蝶。もう飛ぶことはできません。

2頭死去

2020.2.6~7

冬アゲハが2頭続けて逝きました。

雄蝶、2月6日没。

おそらく 昨年の日誌60稿 の最後に書いた2頭のどちらかなので、羽化54日目か55日目でした。

雌蝶、2月7日没。

これは何日生きていたのかわかりませんが、羽化後50日以上であることは間違いありません。

遂に残り1頭に。寂しくなりました。

老蝶介護

2020.2.7

冬アゲハ最後の1頭はこのところ、吸蜜が難しくなりました。

口吻の出し入れが定まらないため、スポイトでハチミツを与えています。

脚も取れたり、途中で切れたりしているため、とまり台が必要です。

スケルトン。

初めてこれを見る人は、アゲハチョウとは思わないでしょうね。

冬アゲハ飼育終了

2020.2.12~13

昨年の日誌54稿 に書いたとおり、昨年11月20日に始まった我が家のアゲハチョウ成虫飼育は、本日をもって終了しました。

最後の冬アゲハ没。

ナミアゲハは全部で6頭いましたが、最初の羽化は11月26日。それは雄だったか雌だったか、今となってはわかりません。

最後の羽化は12月17日。昨年の日誌61稿 に書いたとおり、それは雌でした。

ということで、冬アゲハ最後の1頭は羽化後、最長で80日、最短で59日生きたことになります。

がんばりました。

死ぬ前の日。最後の日向ぼっこ。

あとがき

ということで、アゲハ飼育日誌はしばらく休みます。

次のトピックはおそらく越冬さなぎの羽化ですね。うちに今いる越冬さなぎはナミアゲハ1匹、アオスジアゲハ4匹、ジャコウアゲハ5匹です。

どれが一番早く出てくるか。

今朝、インスタグラムで羽化したばかりのジャコウアゲハを見ました。さなぎは陽の当らない軒下にいたとのこと。それにしては早いですね。

うちのは箱に入れてメーターボックスに置いてありますが、今のところ羽化の気配はありません。

ジャコウアゲハは黒い翅に赤い斑点、赤い胴体に黒い斑点、毛深くてなかなかグロいですね。実物を見たことはないので楽しみです。

約3か月アゲハに占領されていた窓際がすっきり。

寂しくなりました。

2020.2.13

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。

寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら9…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから