アゲハ飼育日誌2002 小型蝶没 ヤサイゾウムシ とまれない

アゲハ飼育日誌2020年第2稿:

今日は成人の日。

40年近く前のことになりますが、私は成人式には行かず、後楽園の場外馬券場に行っていました。今はどうかわかりませんが、当時成人の日は曜日にかかわらず競馬開催日だったのです。

今日かみさんにそんな話しをしたら、「それって、成人したらすぐ来てねってこと?」ときかれ、「なるほど。中央競馬会のそういう思惑があったのかもしれない」と、今になって気づきました。

そんなおめでたい日ですが、今回は悲しい話し、訃報から。

スポンサーリンク

小型蝶没

2020.1.8

前回の日誌 に書いた小型化していた2頭の蝶が死にました。

まず朝、アオスジアゲハが死んでいました。

このところだいぶ弱ってきていたので、夕方になるとアクリルケースに入れて暗幕をかぶせていました。羽化後40日の命に幕。成虫の長寿記録更新中でした。

昼、ナミアゲハが死にました。

ナミアゲハは続けて5,6頭羽化したので、どれが何やらわからず、こちらは何日生きたのかわかりません。

かみさんは懸命に生きたアゲハチョウの亡骸を捨てられず、全部ケースに入れてとっています。

先月死んだナミアゲハと一緒。だいぶ大きさが違います。

こんなに小さくなっても、よく生きていてくれました。

ありがとう。

新参者

2020.1.9

スーパーで買ってきた白菜に、

こんな青虫が付いていました。何の幼虫かわかりますか?

私はまた 昨年の日誌58稿 に書いたコナガだろうと思っていたのですが、脱皮した後の形がどうも違います。

平べったくて、鱗翅目っぽくないですよね。

調べてみたら、ヤサイゾウムシの幼虫でした。体長は約1センチ。

ゾウムシという昆虫の存在は、つい最近ツイッターかインスタグラムで知りました。コガネムシぐらいの大きさと思っていたら、こんなに小さかったんですね。

全部で3匹いるそうですが、かみさんは育てると言っています。

成虫の実物は見たことがないので楽しみです。

とまれない

2020.1.10~11

我が家のアゲハチョウはナミアゲハ4頭になりました。

最近は朝起きるとすぐにカーテンを開けて、全部生きているかどうか確認します。

だんだん脚の数が減ってきて、カーテンにとまれるのは1頭だけになってしまいました。

アゲハチョウの脚って、ネットやじゅうたんに引っかかったりして、すぐ取れてしまうんですね。

それでも、陽が当たると翅をばたつかせ、まだまだ元気です。

いつまで生きてくれるか。

ピンタレスト

今、ピンタレストがアツいと言うので、当ブログでも始めました。

先週あたりから、ようやくiPhoneの動画を直接アップロードできるようになりましたので、毎日せっせと上げています。

それにしても、動画の審査に12時間ぐらいかかるのには閉口。即時が当たり前と思っていたので、驚いています。

よかったら、覗いてみてください。

船堀オフビート | ●アゲハ飼育日誌 ●健康ねた ●良書紹介 ●江戸川区情報 ●他愛もない話し ●そこそこの話し

2019/1/13

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。

寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら9…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから