アゲハ飼育日誌1960 雄雌の見分け方 蝶が死ぬ時 小春日和

アゲハ飼育日誌2019年第60稿:

家の中で蝶を放し飼いにしていると、いろいろ気を遣います。夜はスピーカーの近くで眠ることが多く、コンポで音楽を聴くことができません。

それでも蝶は幼虫ほど手がかからず、かみさんは「楽なもんだ」と喜んで世話しています。

そんな冬のアゲハ飼育日誌。

スポンサーリンク

雄雌の見分け方

2019.12.12

前回の日誌 に書いたとおり、ナミアゲハが3頭になってしまいましたので、ペアリング回避策として2頭は別々の蝶ネットに入れ、1頭は放し飼いにしていました。

私もかみさんも雄雌の区別に自信を持てないでいたからです。

調べてみたところ、ナミアゲハの雄雌の見分け方はこんな感じですね。

●表の翅の色: 雄は白っぽく黒い部分が多い。雌は黄色っぽい。
●おしりの形: 雄は先が割れている。雌は先が丸い。

で、見てみると3頭とも雄に見えるのですが、かみさんから「絶対?」と迫られると、だんだん雌に見えてくるような状態でした。

そうしたところ、ツイッターでこんなコメントをいただきました。

これまで見ていた画像はどれも不鮮明だったのですが、この画像は鮮明だったので、確信を持てました。

3頭とも雄で間違い無し。

ということで、全員自由に空中散歩させることができます。

圧倒的山田さん、ありがとうございました。

このとおり、雄はおしりの先が割れています。

蝶が死ぬ時

2019.12.13

現在我が家にいるアオスジアゲハ2頭のうち、1頭が死にました。

私が帰宅して覗いてみると、蝶ネットの床で脚を上にして、しばらく痙攣していました。先月羽化不全体のアオスジアゲハが死んだ時も同じ。

蝶が死ぬ時って、そうなるんですね。

これは死んだ後の写真ですが、まだ生きているうちから脚はこうなります。死後硬直ではありません。

生存日数24日。今年の日誌52稿 に書いた飛べない蝶の記録を5日更新。

新記録ではありますが、1か月は生きるだろうと思っていたので、残念です。

小春日和

2019.12.13~14

今週は小春日和があったかと思うと、翌朝はぐっと冷え込んだりと寒暖差が激しく、その影響かどうかはわかりませんが、また越冬を見込んでいたナミアゲハが羽化してしまいました。

晩秋から初冬にかけての暖かい晴れた日を小春日和と言います)

しかも2頭。

1頭は13日の夜、メーターボックスに置いてあるダンボール箱を覗いてみたら、すでに羽化していました。

前日に羽化していたのかもしれません。

この日の夜は寒く、かみさんはしきりに謝っていました。

この時に、1匹のさなぎが羽化目前であることもわかり、部屋に入れたところ、

翌日の午後1時頃に羽化しました。

これで我が家のナミアゲハチョウは5頭に。偶然か必然か、全員♂です。

雄2匹 小春日和で フライング

2019/12/16

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。

寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら9…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから