アゲハ飼育日誌1952 今季最後の雄姿 飛べない蝶没

アゲハ飼育日誌2019年第52稿:

立冬を過ぎても、東京は概ね穏やかな日が続いています。さすがに外でアゲハチョウを見かけることはなくなりましたが、我が家のアゲハ飼育はまだしばらく続きます。

スポンサーリンク

今季最後の雄姿

2019.11.7

現在我が家にいるアゲハチョウの幼虫は、ナミアゲハ1匹とアオスジアゲハ3匹です。

アオスジアゲハの幼虫大(5齢)、中(4齢)、小(3齢)。

ナミアゲハ。おそらく今季最後の雄姿にして美形。

成長速度は遅いものの、玄関(外廊下)に置いてあるダンボール箱の中で皆すくすく育っています。

去年の今頃はナミアゲハのさなぎが1匹いるだけでした。それと比べたら、今年のアゲハ飼育は1か月以上長く続きそうです。

虫かごの5蛹

2019.11.9

現在我が家の虫かごにはナミアゲハのさなぎが5匹います。

虫かごは外廊下のメーターボックスに入れてあります。

全員越冬してほしいところですが、去年のように羽化してしまうかもしれません。

脱け殻はなぜか4つだけ。

これって、横浜の中華街で売っていそうな気がします。

飛べない蝶没

2019.11.10

前回の日誌 に書いた飛べないアオスジアゲハが死にました。

昼前にかみさんと出掛け、夜帰ってきたら窓の下にいたのですが、すでに瀕死の状態。ハチミツの皿に乗せても脚が硬直していて、口吻も伸ばせず、そのうち動かなくなりました。

かみさんは出掛ける前に餌をやらなかったので、死期を早めたのではないかと悔やむことしきり。羽化した日から19日目。短い命でした。

当日の朝。サッシのレールにはまらないようにと、かみさんが置いた布の上で。

前日の晩。一緒に食事。

19日間、幸せな空間を生み出してくれて、ありがとう。

ベランダの見込み越冬隊

2019.11.12

玄関のダンボール箱にいるアオスジアゲハは、蛹化が近くなるとベランダのクスノキに引っ越します。

今ベランダにいるのは、アオスジアゲハの幼虫2匹とさなぎ3匹。

全員越冬して、来春無事に羽化してくれるかどうか。

夜、ライトで照らして葉っぱの裏から撮った写真。

おしりに糞があるのがわかります。

別の日。

今回はありません。

あとがき

現在飼育中の幼虫は間違いなく越冬すると思っています。

が、今朝「6月12日に蛹化したナミアゲハが昨日(11月14日)羽化した」というツイートがありました。

真夏を挟んで5か月も休眠。越冬するかと思いきや、こんな時期に羽化。不思議ですねぇ。

アゲハは油断なりません。

2019/11/15

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら980円(…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから