アゲハ飼育日誌1950 キスケ 越冬隊次々蛹化 ごめんね

アゲハ飼育日誌2019年第50稿:

秋も深まり、アゲハチョウの姿をとんと見掛けなくなりました。うちから飛び立っていく蝶たちに、果たして出会いはあるのか。

スポンサーリンク

さなぎの足場

2019.10.18

アゲハチョウの幼虫はさなぎになる場所を決めると、大量の糸を吐いて足場を作ります。

これはクスノキの葉っぱから外したアオスジアゲハのさなぎです。かみさんがセロテープを使って上手く剥がしました。葉っぱの主脈までわかります。

さなぎを移動させる時は無理に引っ張らないで、こんなふうにして、さなぎを傷つけないようにご注意ください。

キスケ

2019.10.23

またアゲハの「顔」の話し。

これはアオスジアゲハ羽化直前のさなぎです。何に見えますか?

おじゃる丸に出てくる キスケ に似ていると思いませんか?

これまで幾つも書いてきたとおり、アゲハチョウの幼虫やさなぎは、いろいろな所に「顔」があります。それだけでひとつのまとめ記事ができそうです。

アゲハだけど、キスケだっぴー !!

越冬隊次々蛹化

2019.10.24~28

越冬を期待している幼虫たちが蛹化し始めています。

アオスジアゲハは大丈夫なのですが、ナミアゲハは餌(柑橘類)の調達が大変な時期になってきたので、早く蛹化してほしいところ。

気温が下がっても幼虫は相変わらず食欲旺盛なので、かみさんは「早くなさぎになってくれ」と毎日頼んでいます。

ごめんね

2019.10.26~29

羽化したアオスジアゲハをベランダに出したところ、エアコンの室外機の裏に入り込んでしまいました。

かみさんはそれを助け出す最中に見失ってしまい、蝶が床にいたのを知らず、翅の上にダンボール箱を置いてしまったようです。

その結果、蝶は翅が折れ、飛べなくなってしまいました。

痛恨の極み。

「ちゃんと羽化できたのに、悪かったねぇ。ごめんなさい」。かみさんは毎日謝っています。

それでも、薄めたハチミツで栄養補給は十分。

こんな動画も撮れました。

アゲハチョウもこうやって顔をこするんですね。初めて見ました。

最近の日誌に書いた羽化不全体はいずれも短命でしたが、これはどうか。

ごめんね、ごめんね、ごめんなさい。

花ぬすびとの伝説が…

おまけ

今年の日誌46稿 に書いた、エアー糸掛けをしていたアオスジアゲハが無事羽化しました。

あの奇行は寄生されているせいではないかと思っていました。

よかった。

2019/10/29

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから