アゲハ飼育日誌1945 洗面台のクロアゲハ羽化 寄生ラッシュ続く

アゲハ飼育日誌2019年第45稿:

今日は曇天。羽化ラッシュは一休み。

このところアオスジアゲハが増えてきて、また”幸せな音”*がよく聞こえてくるようになりました。

今年の日誌第3稿 をご覧ください。

スポンサーリンク

洗面台のクロアゲハ羽化

2019.10.1

前々回の日誌 に書いた洗面台のクロアゲハが羽化しました。

羽化当日9時30分

あざやかな緑色だったさなぎはすっかり黒くなり、一部は黄緑色に変わりました。

脱け殻が枝にくっついたまま残っています。

洗面台では羽化できないのでダンボール箱に移動。いつの間にか羽化していました。

緑色のおしっこ2滴。

夕方ベランダから放すと下のほうに飛んでいき、植え込みの草にとまりました。

まだ飛ぶ準備ができていなかったか。こんな低い所にいて、猫に襲われなければいいのですが。

夜帰宅した時にはいなくなっていました。

寄生ラッシュ続く

アオスジアゲハの飼育は再開したものの、寄生ラッシュは相変わらず続いています。

タマゴコバチ

2019.10.1

前回の日誌 に書いた、幼虫6匹と一緒に採取した卵は2個とも寄生されていました。

これは寄生卵4つから出てきたタマゴコバチ。2つはナミアゲハの卵です。

これでタマゴコバチの羽化を見たのは今季3度目。1回目は卵3個から2匹、2回目は卵1個から7匹、今回は卵4個から19匹出てきました。

タマゴコバチに関してはこちらの記事をご覧ください。

アゲハ飼育日誌2019年第34稿: きょうは立秋。暦の上では秋になりました。 都内は連日の猛暑、炎熱の日々。秋の気配はどこにもあ...

ヤドリバエ

2019.10.5

幼虫6匹のうち、3匹は蛹化しましたが…

このうち1匹にヤドリバエの影が現れ、寄生確実の様相となりました。

またあれを見るのは厭なので、袋に入れてゴミ箱へ。見たい方は 前回の日誌 をご覧ください。

同じ所で孵化した幼虫残り5匹。果たして何匹羽化できるか。

角で蛹化する強者

2019.10.3

アクリルケースの壁に糸掛けをする幼虫は時々いますが、壁の角に糸掛けする幼虫は稀です。

強者のさなぎ。

このように、アクリルケースの壁で蛹化するさなぎは、あざやなか緑色になります。

ケースには枝を数本、羽化しやすい角度にして入れてありますが、何を好き好んでこんな所に糸掛けをするのか。

あとがき

最近Yahoo!知恵袋で、「アゲハチョウが全部羽化したら、食草の葉っぱが無くなってしまう。自然界はよくできている」といった内容の回答を目にしました。

なるほど。アゲハチョウが羽化する確率は1~2%で、バランスが保たれているということ。

タマゴコバチもヤドリバエも生態系の一部です。

2019/10/8

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら980円(…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから