アゲハ飼育日誌1943 鏡の前で緑に蛹化 左右で緑と茶に蛹化

アゲハ飼育日誌2019年第43稿:

アオスジアゲハは受難が続き、ついに我が家から姿を消しました。

ナミアゲハとクロアゲハは元気なのが、せめてもの救いです。それぞれ記事になる蛹化を見せてくれました。

スポンサーリンク

あぁ、やっぱり病死

2019.9.13~16

久しぶりにかみさんがアオスジアゲハの幼虫を2匹採ってきました。

最初は喜んでいたのですが、よく見ると色が変です。

くすんだ緑色。元気もありません。

予想どおり2匹とも落命。おそらく病死です。

1匹は床に落ち、1匹は葉っぱの上で、今年の日誌30稿 に書いた幼虫と同じ死に方でした。ウィルス性の病気? 真偽のほどはわかりません。

前稿 の羽化不全体もそうでしたが、この2匹も同じ場所で採取した個体でした。同じ環境で育った個体に共通の致命的な問題があったということ。

今季のアオスジアゲハ飼育は、早期終了の様相を呈してきました。

左右で緑と茶に蛹化

2019.9.17~19

ナミアゲハの終齢幼虫2匹が一時行方不明になりました。

かみさんは幼虫の糞を見ていて、湿っぽい大きな糞をするようになったら隔離します。近々蛹便をして脱走するからです。しかし、その2匹に関してはノーマークでした。

辺りを捜してみると、オーディオコンポのスピーカーの裏で発見。左右に1匹ずつ、スピーカーに掛けてある布の裏で位置決めをしていました。

2匹ともそこで蛹化。2日後、こうなりました。

布の色は同じ(薄い緑色)ですが、全然違う色に変色しました。

周囲の色と光の量が関係しているようです。

緑色のさなぎは白い壁のすぐ横、光も差し込む場所で蛹化、茶色のさなぎは茶色いラックの壁際、光がほとんど当たらない場所で蛹化しました。

ナミアゲハはアオスジアゲハと違って、器用に色を変えます。

鏡の前で緑に蛹化

2019.9.19~20

クロアゲハの前蛹を洗面台の鏡の前に置きました。

かみさんのひらめきです。

9月19日 21時45分

どんな色のさなぎになるのかと思っていたら、翌日こうなっていました。

9月20日 7時26分

クロアゲハとしては珍しい鮮やかな緑色。我が家では前例がありません。

前蛹は夜中暗がりの中で脱皮したので、この色は前蛹がこの場所に来てから、照明が消えるまでの間に決まったようです。

翌日になっても色は変わらなかったので、羽化までこの色のままでしょう。

羽化は10月初旬の予定。

あとがき

外で元気に飛んでいる蝶を見ると、「無事に育ってよかったなぁ」と思って心が和みます。

きょう見かけたナミアゲハは私のほうに近づいてきました。もしかして、顔見知りだったかな。

私の頭上を舞って、川の向こうへ飛んでいきました。

アゲハチョウ 近くに来たのは うちの子か

2019/9/21

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから