アゲハ飼育日誌1937 完食 接写 胎動 タマゴコバチ再び

アゲハ飼育日誌2019年第37稿:

きょうは処暑。暦どおり東京はひと頃の暑さが納まり、梅雨のような日々が続いています。

秋の帳が下りてきました。

スポンサーリンク

アオスジ幼虫接写

2019.8.14

アオスジアゲハの幼虫を100均のマクロレンズで接写しました。

アオスジアゲハに限らず、アゲハチョウ幼虫の脚は全部で8対(胸脚3対・腹脚4対・尾脚1対)16本。胸脚は成虫の脚になり、腹脚と尾脚はさなぎの中に消えてなくなります。

眼状紋はフェイクの眼。敵を威嚇するための模様という説があります。本当の眼は単眼が左右に6個ずつ。周囲の色と併せて見ると、キウイフルーツに似ています。

初めての脱け殻完食

2019.8.14

アオスジ幼虫、生まれて初めての脱け殻完食。

2齢幼虫。すでにガングロ、しゃもじ型。

全部食べるのに5分ぐらいかかっていたと思います。ラスト2分だけアップしました。

時々ピントがボケますが、頭部が半透明なので、脱け殻を少しずつ飲み込む様子がわかります。口の動きが可愛いですね。

食べ終わった後は、「えっ、もうないの?」と言う声が聞こえてくるようです。

ナミアゲハ孵化

2019.8.16~17

ナミアゲハの卵が孵化しました。

8月16日 13時23分

孵化前日。中で口を動かし、体を回している様子がわかります。

8月17日 0時51分

孵化。クロアゲハと同じく、最初はガングロです。

このあと、すぐに卵の殻を食べ始めました。

タマゴコバチ再び

2019.8.17

前々回の日誌 に書いた寄生卵(B)からタマゴコバチが出てきました。

今回は7匹。3匹は元気よく動き回っていました。

フォロワーさんの所ではキイロタマゴコバチが多いとのことですが、我が家では今回も黒。羽蟻に似ています。

これで今季は合計9匹。記念に取っておきます。

あとがき

ようやく飼育日誌をアップできました。

このところ、暇を見つけては、昨年検索に乗せたアゲハ関連の記事をリライトしていました。見直してみたら、半分くらいの記事はだめだめ。夏の終わりになって、気づくのが遅すぎました。

去年書いた記事を読んでいると、恥ずかしくなります。今年の記事も来年読むと恥ずかしく感じるのか。

恥ずかしく感じるということは、進歩しているということ。

というのが、ポジティブ思考というもの。

というのが、へこたれないということ。

2019/8/23

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会