アゲハ飼育日誌1936 タマゴコバチ羽化 炎熱の哀れ

アゲハ飼育日誌2019年第36稿:

終戦の日。「終戦」ではなく「敗戦」だ、とこだわる人もいます。

きょう関西地方は台風上陸で、大荒れの天気のようです。東京も暴風圏のふちで、晴れていたかと思ったら、突然大粒の雨が降る天気。羽化するアゲハはいなくてよかった。

本稿はアゲハではない羽化の話しから。

スポンサーリンク

タマゴコバチ羽化

2019.8.11

前々回の日誌 に書いた寄生虫、タマゴコバチがアゲハの卵から出てきました。卵から出てきたと言っても、孵化ではなく羽化ですね。

実物は初めて見ました。

大量に出てくると聞いていましたが、卵3つから出てきたのは、今のところ2匹だけ。大きいほうは1ミリ、小さいほうは0.5ミリ程度です。名前のとおり、蜂の形に見えなくもありません。

傍らにある卵からは、まだ成体が出てくるのか。おそらくもう出てこないでしょう。この2匹も生まれて世には出られたものの、ほとんど動かず瀕死の状態のようです。

乾燥の哀れ。

自然界の幼虫たち

2019.8.12

かみさんが、葉っぱを食べている最中のアオスジ幼虫を見つけました。

柔らかい葉っぱはほんのわずかしかなく、これはそれを食べ尽くした後に茎を食べているところ。風に揺られながら、一心不乱に食べています。たくましいですね。

見てのとおり、周りは硬そうな葉っぱばかりなので、かみさんは青虫を連れて帰りました。ただ、ここまで大きくなっていると(3齢か4齢幼虫)、寄生されていないか心配です。

すぐ近くには焼け焦げたような幼虫の死骸が。

脱皮の途中で動くことができず、強い日照りで干からびてしまったのではないかと思います。日陰で脱皮するという知恵はないのか。

炎熱の哀れ。

最後の2頭羽化

2019.8.12

今季2頭目のクロアゲハが羽化しました。

さなぎが張り付いていた割り箸をダンボールに移してからの羽化。

よく見ると、おしっこが付いています。

この日、もう1頭アオスジアゲハも羽化して、今年の日誌32稿 に書いたさなぎ10匹は、全員無事羽化しました。

残りは全部アオスジアゲハになりました。

あとがき

前述のタマゴコバチといい、先月末のヤドリバエやアオスジ幼虫変死といい、今年のアゲハ飼育日誌には暗い話題が散見しますが、考えてみたら当然のこと。今年は飼育数が多いからです。

正確な数はわかりませんが、我が家で今年羽化した蝶の数は、昨年を優に上回っているでしょう。

自然界では羽化率1~2%のアゲハチョウ。数が多ければそれだけ悲劇も多くなるのは必然。仕方のないことです。

アゲハチョウ 増えれば増える 悲話悲劇

2019/8/15

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから