アゲハ飼育日誌1935 幸せな音再び 黄色かった卵 先住民

アゲハ飼育日誌2019年第35稿:

お盆休み。都内は車がめっきり減りました。田舎も休みもないうち夫婦は日常の連続。アゲハたちと同じ。

スポンサーリンク

幸せな音再び

2019.8.9

このところ、すっかり聞こえなくなっていた”幸せな音”(幼虫が葉っぱを食べる音)が、やっと聞こえてくるようになりました。

新入りの幼虫たち。

アオスジアゲハの2齢幼虫2匹、3齢幼虫1匹、4齢幼虫1匹。これ以外にアオスジアゲハの終齢幼虫が2匹います。

これでまたしばらくの間、幸せなキチキチ音を聴きながら眠れそうです。

黄色かった卵

前回の日誌 に書いた黄色い卵は、3個中2個が寄生されていました。

3個中2個寄生

2019.8.10

このとおりです。

A: 健康卵(孵化間近)
B: 中に寄生虫のさなぎ(?)がひしめく卵
C: 中から寄生虫が出てきそうな卵。おそらくBの進化形

やはり自然界は厳しいですね。

Bはジッパー袋に入れて、観察することにしました。

これらと一緒に採取した黒い卵のうち、1個はこうなっていました。

大きな穴が開いていて、すでに寄生虫が出た後のようです。ということは、家の中で生息しているかもしれません。おそらくタマゴコバチでしょう。

ほかの卵に寄生されないか不安です。

1個は無事に孵化

2019.8.11

翌日、上記Aは無事に孵化しました。

こうやって接写で見てみると、アオスジアゲハの幼虫も最初は毛虫のようですね。まだ、しゃもじ型にはなっていません。

これが脱皮して2齢幼虫になると、”ガングロしゃもじ”になります。

先住民は危険な存在?

2019.8.11

アゲハの写真を撮っていたら、馴染み深い先住民が近づいてきました。

ほとんどの家にいつの間にか住み着いているトビグモ。

「トビグモ」は通称で、正式名称はハエトリグモ。写真のクモはアダンソンハエトリグモという種類で、日本の家屋にいる代表的なハエトリグモです。

昔は見つけるとすぐに殺していましたが、ダニを食べる益虫と知ってからは殺さなくなりました(コバエや小さいゴキブリも食べるらしい)。と同時に、可愛くなったから不思議です。

アゲハの卵や幼虫に悪さをしないかどうか調べてみたところ、動く生き物しか食べないそうなので、大丈夫そうです。

共存共栄。安堵。

2019/8/12

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから