アゲハ飼育日誌1927 ガングロしゃもじ さなぎの小型化

アゲハ飼育日誌2019年第27稿:

久しぶりの晴れ。いい具合にアオスジアゲハ2頭、ナミアゲハ1頭が羽化。元気に飛び立っていきました。

中4日の飼育日誌。久しぶりにツイッターをいじっていましたので。

いろいろあります。

スポンサーリンク

ガングロしゃもじ誕生

2019.7.9

アオスジアゲハの幼虫も1齢の時は鳥の糞のようですが、2齢になると終齢と同じ形になります。ただ、小さいうちは上半身がぷくっと膨らんでいるので、我が家ではそれを”しゃもじ型”と呼んでいます。

このとおり。

ガングロしゃもじ。

成長と共に上半身の丸みと黒ずみはだんだん取れてきます。均整の取れた他の幼虫とは違う、不格好な可愛さが魅力です。

ベランダ産卵防止

2019.7.9

今年の日誌25稿 の最後に書いたとおり、今季2度目のベランダ産卵があり、卵は1個しか見つからなかったのですが、”鳥の糞”が4匹いることがわかりました。

それを知ってかみさんは喜ぶのかと思ったら、そうではなく、これ以上の産卵を防ぐため、山椒に防虫ネットをかぶせました。

幼虫が4匹もいたら、鉢植えは丸坊主にされてしまうこと必至。山椒の鉢植えは幾つかあるものの、硬い葉っぱは食べないため、調達は大変なのだそうです。

クスノキの鉢植えに産んでもらいたいのですが、我が家のベランダに来るのはナミアゲハだけ。アオスジアゲハが来たことは一度もありません。

うまくいかないものですね。

卵の中でうごめく

2019.7.11

ナミアゲハが孵化寸前。卵の中でうごめいています。

「頭と口とくるっと丸まった胴体」。わかりますか? かみさんがそう言うのですが、私はよくわかりません。

孵化の動画はこちらの記事でご覧ください。

アゲハチョウが孵化するところの動画は、まだアップしたことがないと思いますので、この記事に載せておきます。 クロアゲハとナミアゲハの孵化...

アオスジアゲハ巨大青虫

2019.7.11

最近にしては珍しく、アオスジアゲハの幼虫が大きくなりました。

5センチ×1.2センチ。ここまで大きくなるのは稀です。形も前述の”しゃもじ型”とは様変わり。

1齢、3齢、4齢、終齢幼虫が揃いました。2齢だけいなくて残念。

梅雨寒で?さなぎ小型化

2019.7.12

梅雨寒の日が続いているせいか、アゲハのさなぎが小型化しています。

右側の枝に付いているほうが、きょう蛹化したさなぎです。

左側のさなぎも小さめ(どちらも数日前に蛹化)ですが、さらに幅も高さも小さくなりました。モンシロチョウのさなぎより少しおおきくらいです。

出てくる蝶は春型くらいの大きさでしょう。

2019/7/17

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから