アゲハ飼育日誌1924 蛹化前の糸掛け 水でほろ酔い気分

アゲハ飼育日誌2019年第24稿:

七夕。きょうも雨。羽化したナミアゲハとアオスジアゲハはお泊りです。

アゲハ飼育日誌は少々遅れています。

スポンサーリンク

アオスジアゲハ蛹化前の糸掛け

2019.7.1

アゲハチョウの生涯で一番労力を要するのは、蛹化前の糸掛けではないでしょうか。

これはアオスジアゲハの糸掛けです。

糸掛けの全行程はかなりの長尺になりますので、最後のほうだけアップしました。

幼虫がさなぎになる場所を決めて、おしりを固定してから、輪っかを作ってくぐるまでの全行程には、おそらく15分ぐらいを要します。

かみさんは「偉いねぇ」と声を掛けながら、その様子を見ているとのこと。前脚がたまらなくかわいいそうです。

前蛹からさなぎになる時の激しい脱皮に備え、何重にも糸を吐いて束ねるところを見ていると、私も頭を撫でてやりたくなります。

大きい糞は蛹化のサイン

2019.7.2

アオスジアゲハの幼虫は、糞が大きくなってきたら、蛹化が近いことがわかります。

右側の幼虫の糞は明らかに大きくなっています。

アオスジアゲハの幼虫は、ナミアゲハやクロアゲハのような水溶便はしませんので、蛹化に備えるためには、このような観察が求められます。

と言っても、ほとんどの場合、脱走、徘徊はしませんので、放っておいても大丈夫です。さなぎになる葉っぱが決まるまで動き回りますが、大抵はすぐに決まります。

かみさんは糞もこのように集めています。

色とりどりですね。容器がいっぱいになると、鉢植えの肥料にしているようです。

片栗粉でくっつけた卵無事孵化

2019.7.2

かみさんが片栗粉で葉っぱにくっつけたナミアゲハの卵が、無事孵化しました。

ちゃんと卵の殻も食べました。

最近の日誌 に書いた同様の卵は、残念ながら孵化しませんでしたので、よかったです。片栗粉接着の安全性が実証されました。(笑)

霧吹きの水でほろ酔い気分

2019.7.2

アオスジアゲハ3齢幼虫に霧吹きで水を掛けてみると…

最初は大暴れ。落ちそうな勢いでしたが、そのあとはゆ~らゆ~ら、ほろ酔い気分のようでした。

いいですね。

あとがき

かみさんは暇さえあれば、アゲハの幼虫を見ています。「ずーっと見ていたい」と言っています。飽きないそうです。

私はしばらく見ていると飽きてきます。これではアゲハ愛好家とは言えないでしょうか。

どうですか? ずっと見ていられますか? アゲハの幼虫。

2019/7/7

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから