アゲハ飼育日誌1923 侵入者を接触前に威嚇 おしりにも顔

アゲハ飼育日誌2019年第23稿:

このところ雨が全く降らない日はないようで、すっきり晴れた日がいつだったか、思い出せません。今年の梅雨は梅雨らしい梅雨。週間予報を見てみても、お天気マークはひとつもありません。

これはアゲハたちにとっていいことなのかどうなのか。

スポンサーリンク

ナミアゲハ羽ばたき過ぎ

2019.6.28

ナミアゲハが羽化したのですが、割り箸にとまったまま、気が狂ったように羽ばたいていました。

こんなのは初めてです。

飛ぶ練習? なんで飛ばないのか。活動過多。多動性障害。

侵入者を接触前に威嚇

2019.6.29

アオスジアゲハのガングロ幼虫が、侵入者を接触する前に威嚇していました。

すごい勢いです。

このあと、ずっとこのままにらみ合っていましたので、動画は途中で切りました。

アオスジアゲハ2頭羽化

2019.6.30

クスノキの鉢植えに付いていたアオスジアゲハのさなぎ6匹のうち、最初の2頭が羽化しました。

外は雨が降っていましたので、この日はお泊り。翌朝飛び立っていきました。

ナミアゲハは部屋の中で飛び回ることがありますが、アオスジアゲハが飛び回ることは滅多にありません。この2頭もそうでした。1頭は壁にとまり、1頭はサッシにとまり、翌朝までずっとそのままでした。

ぐっすり眠っていたようです。羨ましい限り。

鳥の糞はおしりにも顔

2019.7.1

ナミアゲハ4齢幼虫(鳥の糞)のおしりは顔に見えます。

これはフェイクではないでしょうね。

アオスジアゲハ終齢幼虫のおしりも顔に見えますが、顔つきがだいぶ異なります。

蝶々さんのおしっこ

2019.7.1

アゲハチョウは羽化する際、余分な体液を殻の中に出しますが、翅を広げて飛ぶ前にも、飛んでからも、おしっこをします。

と言っても、蝉のように飛びながらではありませんので、今のところおしっこをひっかけられたことはないのですが、壁や床が汚れます。

これは緑色ですが、黄色だったり、透明だったり、いろいろです。水で拭けばすぐに取れるそうですが、かみさんはこのままにしておきたいようです。

あとがき

当ブログは2年目に入り、アゲハチョウの飼育に関して、時々質問を受けるようになりました。私は専門家ではないので、かみさんに聞きながら、経験上わかることを答えています。

問い合わせの内容を見ていて感じるのは、アゲハチョウの飼育をしている人は、心根が優しいということです。何とか無事に羽化させたいという気持ちが伝わってきます。

ちっぽけな卵や幼虫から育てていると、誰しもそう思うようになるのかもしれません。

2019/7/6

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから