アゲハ飼育日誌1920 卵を葉っぱにくっつける 蛹便後細くなる

アゲハ飼育日誌2019年第20稿:

昨日ついにアゲハ飼育日誌の連続投稿が途切れました。15日連続で終わりです。でも、相撲なら全勝優勝。よくやりました。また思いを新たに、そこそこがんばります。

今回はちょっと、ためになる話しから。

スポンサーリンク

落ちた卵を葉っぱにくっつける

2019.6.24

かみさんが採ってきた餌用の柑橘類の葉っぱをまとめていたら、ナミアゲハの卵が1つ手に付いていました。

葉っぱから一度落ちてしまった卵は、もう葉っぱにはくっつきません。葉っぱに乗せておくだけですと、固定されていないので、孵化する時に支障が出るかもしれません。

そこでかみさんはどうしたかと言うと、片栗粉(水でといて過熱後)でくっつけました。

片栗粉の原料は精製したでんぷんです。葉っぱが光合成で作り出す養分の一つがでんぷん。アゲハチョウの卵の成分は何だかわかりませんが、相性が悪いことはないでしょう。

かみさんの理知的な判断には毎回脱帽します。私だったら両面テープで貼り付けていたかもしれません。

蛹便後シュッと細くなる

2019.6.24

「蛹便(ようべん)」という言葉をやっと見つけました。

お恥ずかしい限り。

デジタル大辞泉にはこう書いてあります。

さなぎから羽化するときに排出される体液。チョウなどの完全変態をする昆虫の一部にみられる。折りたたまれた羽を展開するとき、翅脈に体液を圧送するが、その余分な体液を便として排出するもの。羽化液。

これまで当ブログでは、蛹便のことを「下痢便」とか「水溶便」とか書いていました。私以外にもそう書いている人は結構多いのですが、いい表現ではないので、正式には何と言うのだろうと思っていました。

蛹便なら昆虫限定の専門用語であることがわかるでしょう。よかったです。

と、前置きが長くなりましたが、アゲハチョウの幼虫は蛹便が近づくとほっそりしてきて、蛹便をすると、シュッと細くなることをご存じでしょうか。

このとおり。

このように蛹便が出て、すっきりした青虫は一段としわが寄り、縮んで細くなり、さなぎになる場所を探し始めます。

この青虫は珍しく、アクリルケースの中の枝で蛹化しました。

落ち着かない蝶々さん

2019.6.25~26

前稿の冒頭に書いたとおり、ナミアゲハが夕方に羽化しましたので、そのまま翌朝まで放っておくことにしました。

大抵の場合、蝶は翅が乾くと少しの間飛び回り、その後おとなしく朝まで壁か天井にとまっているのですが、この蝶々さんはLEDのカバーの周りをばたばたと飛び回り、全く落ち着きません。

それで仕方なく手で捕まえて、虫かごに閉じ込め、黒い布で覆いました。

こうしておけば、虫かごの中で暴れて翅を傷めることはありません。

久しぶりにアゲハチョウの翅をつまんだら、鱗粉で指が真っ黒に。うまく捕まえられず、何度もつまんでしまい、申し訳ないことをしてしまいました。

それでも、翌朝元気に飛び立っていったとのこと。よかったです。

あとがき

生き物は何でもそうだと思いますが、アゲハチョウもなかなか奥深いです。趣味で飼育しているだけでも、いろいろな発見があります。

アゲハチョウ 育ててみれば 奥深い

すみません。そのままでした。

2019/6/27

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから