アゲハ飼育日誌1917 野生の終齢幼虫受難 羽化@枯れ葉

アゲハ飼育日誌2019年第17稿:

近所で見かけるアゲハチョウはナミアゲハ、アオスジアゲハ、たまにクロアゲハ。ほかに我が家で育てたことがあるのはナガサキアゲハだけです。

インスタグラムの投稿を見ていると、キアゲハ、モンキアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、ジャコウアゲハなど、いろいろ出ていて羨ましい限り。どれも現物を見たことはありません。

前回お伝えしたとおり、唯一のクロアゲハが旅立ちましたので、しばらくの間、日誌に出てくるのはナミアゲハとアオスジアゲハだけになります。

スポンサーリンク

枯れ葉はエッグスタンドに

2019.6.20

今年の日誌第12稿 で紹介したさなぎが付いた枯れ枝は、ビンごとエッグスタンドに移しました。

以前に書いたとおり、葉っぱが枝から落ちる心配はないのですが、羽化した後、蝶々さんがつかまるところがないので、こうしたとのこと。かみさんの取り計らいです。

私のほうは言われないと気づきません。蝶は羽化した後、ぶら下がって翅を乾かしたいので、水平の止まり木があったほうがいいということ。

それにしても、この枯れ枝はひどいですね。

野生の終齢幼虫受難

2019.6.20

これは野生のナミアゲハ終齢幼虫です。

風に揺られながら、たくましく生きています。おそらく触ればすぐに臭覚を出すでしょう。

外にいる終齢幼虫はほとんどが寄生されている、という話しを聞いたことがあります。自然界は厳しいですね。

規則正しい食習慣

2019.6.20

ナミアゲハの幼虫が山椒の葉っぱを食べる時は、幹に近いほうから1枚ずつ平らげていきます。

途中の数枚を食べ残したりしていますが、最終的には枝葉だけが残ります。残った枝葉を食べることもありますが、全部は食べません。

クロアゲハの幼虫には、葉っぱが無くなった枝葉は切り落とす、という習性があります。アオスジアゲハの幼虫も、食べ残しの葉っぱを切り落とすことがあります。

関心のある方はこちらの記事をご覧ください。

我が家で飼ったことがあるナミアゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、ナガサキアゲハに限っての話しですが、アゲハチョウの幼虫は種類によって外見だけ...

それには何の意味があるのだろうかと思っていたら、Yahoo!知恵袋の回答で「生存競争のため」という記述がありました。ほかの幼虫に餌を与えないための行動だそうです。

なるほど。クロアゲハの場合は枝葉だけなので違うような気がしますが、アオスジアゲハの場合はそうなのかもしれません。であれば、ホームの葉っぱ占有もうなずけます。

アゲハチョウの幼虫に社会性を求めてはいけません。

羽化@枯れ葉

2019.6.21

前述の枯れ枝に付いていたアオスジアゲハのさなぎが羽化しました。

かみさんの取り計らいがあって、いい形で翅を乾かすことができました。

ひどい枯れ枝の上で無事羽化。飼い主の責任を果たせてよかったと思います。

2019/6/23

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから