アゲハ飼育日誌1916 クロアゲハ羽化 アオスジアゲハ幼虫採取

アゲハ飼育日誌2019年第16稿:

最近は家に帰ってくると、蝶々さんがいないかどうかと、部屋を見回します。きょう羽化するさなぎはなさそう。外は雨なので、ちょうどよかったです。

これで12日連続投稿。記録更新中です。

スポンサーリンク

クロアゲハ羽化

2019.6.19

現在我が家で唯一のクロアゲハが羽化しました。

やはり、クロアゲハは風格があります。

さなぎになった日は6月6日ですから、13日かかりました。体が大きい分、ナミアゲハやアオスジアゲハより時間がかかります。

クロアゲハは比較的希少種ではありますが、今年は特に少ないように感じます。

アオスジアゲハの卵・幼虫採取

2019.6.19

時々インスタグラムのフォロワーさんから、アオスジアゲハの幼虫はどこで採ってくるのかと尋ねられます。

アオスジアゲハの卵や幼虫は、食草であるクスノキ科の植物(クスノキ、タブノキ、シロダモなど)に付いています。かみさんはいつも近所のクスノキで見つけています。

クスノキは江戸川区の木になっていますので、そこら中にあるのですが、ほとんどが大木ですので、脇芽が出ている木でないと採取できません。例えば、こういう所です。

ここは歩道の植え込み。このような脇芽の柔らかそうな葉っぱが狙い目です。

アオスジアゲハは葉っぱの上で蛹化するので、徘徊することはなく、餌さえ確保できれば飼育は楽です。興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

アオスジアゲハは生育分布が広いので(東北南部が北限)、ご存じの方が多いでしょう。それでも食草がクスノキ科植物であるせいか、ナミアゲハやクロア...

蛹化@ダンボール

2019.6.19

蛹化前の徘徊を始めたナミアゲハが、アクリル製の羽化用ケースに入れてもなかなか位置が決まらないので、ダンボール箱に移したところ、すぐに決まりました。

ダンボールのネットを張ってある所ですが、アクリル板より落ち着くのかもしれません。

それにしても、こんな端っこで。

おしりを固定する場所を整えた後、上に向き直って糸掛けをします。

ダンボール箱だと上からしか写真や動画を撮れないので、アクリルケースのほうがよかったのですが、仕方ありません。

そう言えば、今年初めて虫かごを羽化用に使っていますが、壁で蛹化した幼虫は1匹もいません。インスタグラムでも必ずと言っていいほど、ふたの裏で蛹化しています。

アクリル板には貼り付きますが、プラスチックはだめなのか。どうなんでしょうね。

羽化@アクリルケース

2019.6.19

アクリルケースのナミアゲハが羽化しました。

このようにアクリルケースの壁なら、いろいろな角度から写真を撮れます。

枝に貼り付いた場合は、枝ごと外に出して好きな所に置けるので便利です。

2019/6/22

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会