アゲハ飼育日誌1914 脱け殻ゴレンジャー フナムシ似

アゲハ飼育日誌2019年第14稿:

アゲハチョウの飼育の魅力は、固体の成長過程における変化や、幼虫のユニークな習性を見て楽しむことだけではありません。

例えば、こんな楽しみ方もあります。

スポンサーリンク

脱け殻ゴレンジャー

2019.6.17

かみさんが別室で大笑いしていたので、何かと思ったら、こんな写真を撮っていました。

アゲハのさなぎの脱け殻。

秘密戦隊ゴレンジャーのようです。真ん中は 前回の日誌 で書いた、”ガングロ前蛹”の脱け殻です。一つだけ顔がほんのり黒いのでわかります。

幼虫の脱け殻は、頭部を残して食べられてしまうことが多いのですが、さなぎの脱け殻はこのようにそっくり残ります。さなぎは脱け殻を食べませんので。

かみさんはこれを全部ケースに入れてとっています。

これは別の脱け殻。身をよじっているように見えなくもありません。

おしりの突起から、アオスジアゲハの脱け殻であることがわかりますね。

フナムシ似

2019.6.18

アオスジアゲハの幼虫。

これは海のゴキブリと言われるフナムシに似ています。

背中の曲線。おしりの突起。てかり…。たまたまこう写っただけで、アオスジアゲハの幼虫とフナムシは全く似ていません。

ただ、ふと考えました。ゴキブリやフナムシはなぜ嫌がられるのか。動きが速いからではないでしょうか。アオスジアゲハの幼虫も、あのようにシャカシャカ動いたらどうですか? それでも可愛いと思うでしょうか。

逆にゴキブリやフナムシが、アオスジアゲハの幼虫のようにのそのそ歩いていたら、可愛いと思うでしょうか。

家に出てくるゴキブリを捕まえては、ホワイトペンで背番号を書いて逃がしている、という人の話しを聞いたことがあります。

私は、ゴキブリは苦手ですが、若い頃カナブンを捕まえて、ホワイトペンでまっ白に塗り、背中に赤ペンで「かなぶん」と書いて逃がしたことがあります。見つけた人は驚いたに違いありません。

さなぎポケット

2019.6.18

エッグスタンドのさなぎポケットに入っているナミアゲハが、間もなく羽化しそうです。

このさなぎもそうでしたが、虫かごやダンボール箱などの人工的な空間で蛹化したさなぎは、飼い主の不注意で糸が切れてしまうことがたまにあります。

そういう時は、このようなさなぎポケットに移します。背中の突起に合わせた切り込みに、かみさんのアゲハ愛が表れています。

さなぎポケットを含む羽化用キットは簡単に作れます。関心のある方はこちらの記事の中程をご覧ください。

今朝アオスジアゲハが1頭羽化しました。この記事ではその記録と、昨年10月に羽化したアオスジアゲハの記録、ついでにアオスジアゲハのさなぎの特徴...

あとがき

ブログの記事はこれで9日続けての投稿になります。当ブログ始まって以来の連続投稿。アドセンス申請前でもこんなには続きませんでした。

と言っても、アゲハ関連の記事ばかり。こんなことでいいのかと思いつつ。

アオスジマンション9頭目。残りあと1頭。

2019/6/19

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会