アゲハ飼育日誌1913 アオスジ幼虫初脱走 ガングロ前蛹

アゲハ飼育日誌2019年第13稿:

ここまで今年のアゲハ飼育日誌を書いてきて思うことは、初めての見聞が多いこと。発見が多いということは、それだけアゲハチョウの生態は奥深いということか。

本稿でもそういう話しが出てきます。

スポンサーリンク

アオスジアゲハの幼虫初の脱走

2019.6.16

アオスジアゲハの幼虫は蛹化が近づくにつれ、透明感が増してきます。

2匹とも蛹化間近ですが、右のほうは最後の排泄が済んでいます。左のほうはおしりに糞がたまっているのがわかります。

このあと、それぞれビン刺しの上で徘徊を始めたのですが、右のほうが脱走しました。

アオスジアゲハの幼虫が脱走したのは初めてです。じゅうたんの上でもぐいぐい行きますね。

これまで我が家のアオスジ幼虫は例外なく、クスノキの葉っぱの裏で蛹化していますので、場所が決まらずに長時間徘徊することはありませんでした。

今回はビン刺しの枝に、水平の葉っぱがないので脱走したようです。このとおり、鉢植えのクスノキに載せたら、すぐに落ち着きました。

建物の壁に貼り付いたアオスジアゲハのさなぎを見たことがあります。こういう理由でそうなったのかもしれないと、気づかされました。

ナミアゲハ・アオスジアゲハ羽化

2019.6.16

羽化用ケースのナミアゲハと、アオスジマンションの8頭目が羽化しました。

両方とも午前中に羽化しました。きょうは朝からいい天気だったのですが、前回の日誌 で書いた失敗から学び、自発的に飛ぶのを待って、外に出しました。

2頭とも元気に飛んでいきました。

ガングロ前蛹 寄生された?

2019.6.17

ベランダ組ナミアゲハの幼虫が徘徊を始めたので、虫かごに閉じ込めました。虫かごで蛹化3匹目にして、初めてふたではない所、枝に糸掛けをしたのはよかったのですが、こんな前蛹になりました。

ガングロ前蛹。こんなのは初めてです。ベランダ組なので、寄生されているのではないかと心配しています。

おしりも黒いです。ガングロでシリグロですが、ハラグロではありません。

防虫ネットで蛹化

2019.6.17

ベランダ組を見ていたら、防虫ネットの上を徘徊している幼虫がいました。虫かごに閉じ込めたほうがいいのかどうかと考えていたら、すでに防虫ネットに貼り付いているさなぎを発見したのでやめました。

この幼虫はベランダ組4匹目、さなぎは3匹目。中には残り2匹。

葉っぱは結構食べられていますが、この山椒はまだ大丈夫そうです。

2019/6/18

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会