アゲハ飼育日誌1912 枯れ葉にさなぎ 生け青虫 雨でお泊り

アゲハ飼育日誌2019年第12稿:

昨日に続き、きょうも快晴でしたが、羽化したアゲハチョウはいませんでした。

ベランダ組ナミアゲハの幼虫4匹目がネットに糸掛け。すでに3匹目はネットで蛹化しています。本稿は同じベランダ組の話しから。

スポンサーリンク

ベランダ組最初のさなぎ

2019.6.14~15

5月16日のナミアゲハベランダ産卵から1か月近く経って、やっと1匹さなぎになりました。

同じ日に孵化した室内組より10日ぐらい遅れています。ベランダと室内でこんなに差がつくとは思いませんでした。

あと5匹続きます。

枯れ枝の枯れ葉にさなぎ

2019.6.15

アオスジアゲハが蛹化した切り枝が、すっかり枯れてしてしまいました。

このコントラストがいいですね。ぜんぜん擬態になっていません。

こんな事態になっても、前々回の日誌 で書いたとおり、さなぎが付いている葉っぱが落ちることはありません。このとおり、葉っぱの付け根を糸でしっかり固定しているからです。

アオスジアゲハの幼虫は何かにつけ用心深いのですが、ここにもその性格が表れています。

生け青虫

2019.6.15

生け花ならぬ”生け青虫”。

芸術的。いい具合に残った山椒の葉に、いい感じでナミアゲハの幼虫が乗っています。かみさんがいいタイミングでうまく撮りました。

これは何に見えますか?

なんだろう…。クラゲ?

ナミアゲハ・アオスジアゲハお泊り

2019.6.15~16

エッグスタンドのナミアゲハと、アオスジマンションの6頭目が羽化しました。

このナミアゲハは 今年の日誌第7稿 で書いた、さなぎになる脱皮の時におしりが折れてしまった固体です。

羽化不全になるのではないかと心配していたので、無事に羽化して喜びも一入。ほっとしました。やはり、エッグスタンドなら無事羽化できます。なんの根拠もありませんが。

両方とも朝9時頃に出てきたのですが、あいにく外は冷たい雨。夜まで降り続いたので、お泊りでした。

両方とも夜この場所にとまってからは、翌朝までずっとこのままでした。とまっている時、アオスジアゲハはいつも翅を閉じていますが、ナミアゲハはこのように、翅を全開したままのことがよくあります。

翌日は朝から晴天だったので、8時頃にナミアゲハをベランダに出したところ、うまく飛ぶことができず、階下のベランダに行ってしまいました。まだ体が温まっていなかったようです。それでアオスジアゲハは午後になってから飛び立たせました。

羽化した翌日でも、アゲハが自発的に飛ぶまで待ったほうがいいんですね。ナミアゲハには悪いことをしてしまいました。

以後、気をつけます。

2019/6/17

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会