アゲハ飼育日誌1910 アオスジ幼虫脱け殻完食 侵入者撃退

アゲハ飼育日誌2019年第10稿:

きょうは冷たい雨の日。ナミアゲハとアオスジアゲハが1頭ずつ羽化しましたが、旅立ちは明日以降に持ち越し。今夜は仲良くお泊りです。

かみさんは冷たい雨に打たれていたアオスジアゲハのちびっこ幼虫が気の毒で、連れて帰ってきました。アゲハ天国の仲間入り。

スポンサーリンク

アオスジアゲハ幼虫脱け殻完食

2019.6.9

私の知る限り、アゲハの幼虫は脱皮したあと、Uターンして脱け殻を食べます。全部食べない時もありますが、だいたい完食します。

このとおり。

途中で何に驚いたのか、後ずさり。また食べ始めたと思ったら、今度はあと少しのところでげっぷ? 長い時間をかけての完食でした。

無駄のないエコでクリーンな習性には感心します。人間界ではフードロスが社会問題になっていますね。

ベランダ組には保護ネット

2019.6.9~11

発育が遅いベランダ組に、ようやく蛹化の兆しが見えてきました。

ここにナミアゲハの幼虫が6匹いますが、どこにいるかわかりますか?

正解は こちら です。

徘徊が始まる前に、かみさんお手製の保護ネットをかぶせました。

100均で買ってきた防虫ネット2枚をつなぎ合わせて、裾にループを作ってひもを通したネット。山椒の周りに支柱を立てて、それをかぶせています。

このように、今にも脱走しそうな青虫がいますので。

隣りのベランダなんかに行ったら大変です。つぶされてしまうかもしれません。

アオスジアゲハ幼虫侵入者撃退

2019.6.13

大きくなったアゲハの幼虫は葉っぱで休む時に、前々回の日誌 で紹介したような同居は珍しく、こうなるケースが多いです。

それにしても、ここまで長引くバトルは珍しいです。侵入者はぐいぐい入ってきましたが、結局退散しました。先住者は怒りが治まらない様子ですね。

羽化用の葉っぱは枯れても落ちない

2019.6.13

アオスジアゲハの幼虫は葉っぱの上で蛹化するため、葉っぱが枯れても落ちないようにしっかり糸で固定します。

このとおり。

この画像だけではよくわかりませんが、茎と葉っぱの付け根にびっしり糸を吐いて固定しています。

それにしても、何を好んでこんな枯葉の上でさなぎになったのか。周りには元気な葉っぱがたくさんあるのに。不思議です。

それでも落ちることなく、無事に羽化しました。

これはアオスジマンション3頭目。あと7頭続きます。

2019/6/15

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会