アゲハ飼育日誌1909 ヒロオビトンボエダシャク 蝶と蛾の違い

アゲハ飼育日誌2019年第9稿:

とあることがきっかけで、蝶と蛾の違いについて調べました。蝶と蛾。日本では受ける印象がだいぶ違うのではないでしょうか。でも、明確な区別は難しいことがわかりました。

そんな話しも含む本稿は、心温まるトピックから。(笑)

スポンサーリンク

ヒロオビトンボエダシャク

2019.6.11

かみさんが得体の知れない”蝶”を連れて帰ってきました。

団地の外廊下の排水口に落ちていたので、かわいそうに思って拾ってきたとのこと。かみさんはアゲハを飼うようになって、生き物すべてが愛おしくなったそうなので。

薄めた蜂蜜で救済

アゲハと同じように薄めた蜂蜜を与えると、ぐいぐい吸い始めました。

よほど空腹だったのか、無心(?)で吸っています。

果たしてこれは蝶なのか。最初は翅を閉じていたので、蝶だと思っていましたが、調べてみたところ「ヒロオビトンボエダシャク」という蛾でした。

蜂蜜をしこたま飲んだヒロオビトンボエダシャクは、すっかり元気になりましたので、ベランダの山椒にとまらせました。

あぁ、今度は翅を開いています。

蝶と蛾はどこが違うのか

ヒロオビトンボエダシャクは分類上「チョウ目シャクガ科エダシャク亜科」。「チョウ目」だけど蛾。あまり首を突っ込みたくないところですが、そもそも蝶と蛾の違いって何だろうと思って調べてみました。

蝶と蛾の区別は難しく、例外が多いものの、概ね以下の方法で区別できるようです。

  • 活動時間帯: 蝶は昼に飛ぶ。蛾は夜に飛ぶ。
  • 触覚の形状: 蝶は先が膨らんだこん棒状。蛾はくし状か、先がとがっている。
  • とまっている時の翅の開閉: 蝶は閉じていることが多い。蛾は開いている。
  • 胴体の太さ: 蝶は細い。蛾はいろいろ。
  • 翅の構造: 蝶は後翅が前翅の下にせり出ている。蛾には前翅と後翅をつなぐ「翅棘(しきょく)」と呼ばれる棘がある。

私は子供の頃に、「とまる時に翅を閉じていれば蝶、開いていれば蛾」と覚えていましたが、ほかにもいろいろな区別の仕方がありました。

これをヒロオビトンボエダシャクに当てはめてみると、活動時間帯は昼間なので蝶、触覚は先がとがっているので蛾、とまっている時の翅の開閉は定まらず、胴体は太いので蛾、翅の構造は蛾、ということになります。昼行性の蛾ということですね。

蝶は派手、蛾は地味、という区別は間違っていて、地味な蝶もいれば、派手な蛾もいます。それはわかっていても「なんとなく蝶は美しく、蛾は気持ち悪い」という人が多いような気がします。

ただ、インスタグラムでは蛾の愛好家も少なくないので、それは偏見なのかもしれません。

ドイツ語やフランス語など、多くの言語では蝶と蛾の区別はないとのこと。区分けは難しいということでしょうね。

またしてもビン好きアオスジ幼虫

2019.6.11

またしてもビン好きアオスジ幼虫。前回の日誌 に出てきたのは茶色いビンでしたが、今回は透明のビンです。

こんなに目立っていいのか。見事な擬態でクスノキの葉っぱに紛れ込むさなぎと、同じ固体とは思えない大胆さです。

なんと、この日の夜、ここで脱皮しました。

これは脱皮のあと、脱け殻を食べるところです。

完食かと思ったら、お面はほん投げて残しました。お面は硬そうですからね。

アオスジアゲハお泊り 一緒に眠る

2019.6.12~13

アオスジマンションで2頭目が羽化しました。

朝出かける前にベランダの木にとめていったのですが、気温が低いせいか、午後になっても飛び立たず、結局部屋に戻しました。

翌日は晴れるということで、その日はお泊り。同じ部屋で寝ました。と言っても、蝶々さんは壁で。コーンヘッズと同じですね。わかりますか? ダン・エイクロイド。

昼間はベランダの壁に貼り付いていた。

2019/6/14

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから