アゲハ飼育日誌1906 巨大青虫消失の寂寥 ナミアゲハ羽化

アゲハ飼育日誌2019年第6稿:

梅雨入り。江戸川区のきょうの最高気温は20度。少し肌寒い日ですが、アゲハたちは元気です。

スポンサーリンク

巨大青虫消失の寂寥

2019.6.4~6

現時点で唯一のクロアゲハが蛹化。巨大青虫がいなくなって、寂しくなりました。

クロアゲハのさなぎは大きいです。ナミアゲハのさなぎと並べてみると、このとおり。

左がナミアゲハ、右がクロアゲハ。形は違いますが、擬態の色と模様はそっくりです。

クロアゲハは幼虫も蝶も大きいので、さなぎも大きいのは当然ですね。羽化までの日数も多かった気がします。12日くらいでしょうか。

ナミアゲハ靴箱の上で羽化

2019.6.6

今季2頭目のナミアゲハが羽化しました。さなぎが付いている枝を靴箱の上に立てかけておいたのですが、朝起きてみると、立派な蝶がとまっていました。

これは、今季最初に孵化した2匹のうちの1頭です。前回の日誌 に書いたとおり、先1頭の羽化は6月4日でしたので、2日遅れです。同じ環境で育ったのに、結構差がつきました。

ここで飛び立つと羽を痛めそうなので、このまま窓際に移動。

アオスジアゲハに比べると地味ですが、それでも奇麗ですね。

このあとしばらく休んでから、元気に飛び立っていきました。

アオスジマンションひとまずお役御免

2019.6.6

我が家最大のクスノキにいたアオスジアゲハの幼虫10匹は、すべてさなぎになりました。

アオスジアゲハのさなぎは擬態がうまく、なかなか見つからないので、かみさんはさなぎが付いている葉っぱすべてに付箋を貼っています。

ここで10匹さなぎになったと言っても、すべて終齢幼虫になってからここに移しましたので、あまり大きなダメージは受けていません。

幼虫を移す前と比べると、このとおり。

上のほうの葉っぱがたくさん食べられています。やっぱり幼虫は若葉を好むんですね。

アオスジアゲハの幼虫はナミアゲハやクロアゲハと違って、脱走する心配はないので楽です。

ナミアゲハ下痢便前の兆候

2019.6.7

蛹化が近いナミアゲハの幼虫は食べるのをやめ、こういう状態で止まることがよくあります。

この状態から、ひょいとおしりを横に出したら、下痢便の準備です。詳しくは、今年の日誌第2稿 をご覧ください。動画もあります。

この時は寝る前だったので、最近買ってきた虫かごに閉じ込めました。

これで徘徊後、行方不明になる心配はありません。

糸掛けをしやすいように、枝と割り箸も入れてあります。

あとがき

最近かみさんが、アゲハが残した山椒の葉をスムージーに入れるので困っています。私は山椒の臭いが嫌いで、許せるのはうなぎにかける時だけなので。

かみさんは「アゲちゃんと一緒」と言って喜んでいます。

さんしょの葉 アゲハが残して とばっちり

2019/6/9

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会