アゲハ飼育日誌1901 越冬さなぎ羽化 今季初の卵採取

令和元年。今季最初のアゲハ飼育日誌。大変遅くなりました。

アオスジアゲハ越冬さなぎ羽化、今季初の卵採取、アオスジ荘到着、2年ぶりのベランダ産卵…。投稿をさぼっている間にいろいろありました。

スポンサーリンク

アオスジアゲハ越冬さなぎ羽化

2018.12.26~2019.4.26

昨年暮れに、近所の友人からアオスジアゲハの越冬さなぎを託されました。クスノキの鉢植えごと。

きれいな緑色。見るからに健康体のさなぎです。

昨年最後の日誌 に書いたナミアゲハのさなぎは、11月に羽化してしまいましたので、今年は越冬さなぎゼロでがっかりしていたところに思わぬミッション。夫婦で喜びました。

番外編 で書いたとおり、昨年越冬モンシロチョウが羽化したのは3月27日でしたので、3月下旬から気にしていたのですが、一向に羽化の気配なし。一抹の不安を感じていたところ、4月下旬になってようやく羽の模様が見え始めました。

4月25日

翌朝、冷たい雨の日でしたが、無事に羽化しました。

実は、これまで越冬さなぎが羽化したのは昨年のモンシロチョウだけなので、アゲハチョウの越冬さなぎ羽化はこれが初めてです。

何かしたわけではないのですが、羽化不全もなく喜びひとしお。

外出から戻ると、いなくなっていました。アオスジアゲハ春型、我が家から初の出立。

今季初の卵採取

2019.5.9~10

かみさんの今季初の卵採取は5月9日。インスタグラムの皆さんの投稿を見る限り、かなり遅い仕事始めになりました。

ナミアゲハの卵2つ。

去年の仕事始めは、この記事 に書いたとおり、5月24日の幼虫採取でしたから、去年より半月早いです。

2つとも翌日に孵化しました。

アオスジ荘到着

2019.5.15

前述のアオスジアゲハ越冬さなぎ委託と同じ友人から、今度はアオスジアゲハの卵と幼虫が付いているクスノキを託されました。

ここにアオスジアゲハの卵2つと幼虫が9匹付いています。これはうちのかみさんがプレゼントしたクスノキなのですが、友人はアゲハを育てる気が全くないようです。

当初はこれを“アオスジ荘”と呼んでいましたが、こんなちっぽけな木で11匹の幼虫を養うことはできません。加えて、半分くらいの葉っぱにでこぼこ(クストガリキジラミ?)があって気持ち悪いので、後日幼虫を全部うちのクスノキに移しました。

2年ぶりのベランダ産卵

2019.5.16

かみさんがベランダの山椒に付いている卵を発見しました。

ナミアゲハですね。

一昨年はベランダの別の山椒に7,8個の産卵がありましたが、去年はゼロでしたので、2年ぶりのベランダ産卵です。

まさか卵が1個だけということはないだろうと思っていたら、近くの柑橘類や別の山椒にも卵や幼虫が見つかり、少なくとも14個は産んでいったことがわかりました。

それにしても、団地の4階のちっぽけな木をよく見つけたものです。

今後のアゲハ飼育日誌

アゲハ飼育日誌は当ブログ開始当初(2018年初頭)から書き始め、昨年は20記事ほどになりましたが、それをキーワード選定して14記事に集約しました。

それでも上位表示される記事は少なく、厳しい状況です。アゲハ関連の記事は専門的なサイトに多いからでしょう。

それでもアゲハ飼育日誌はそこそこ読まれています。ブログの場合はSNSのようにフォロワー数がわかりませんので、はっきりしませんが、もしかしたら時々覗きにきてくださる方がいらっしゃるのかもしれません。

そう思うことにして、今後は、検索流入を気にするSEOなんて野暮な話しはやめて、純粋な飼育日誌を書いていこうと思います。

ということで、今後も船堀オフビートのアゲハ飼育日誌をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2019/5/24

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから