アゲハチョウ越冬は何で決まる? 気温? 日照時間?

今朝、越冬すると思っていたクロアゲハが羽化しました。りっぱな蝶になり、元気に飛んでいったのはよかったのですが、来年の春に越冬さなぎの羽化を見たいと思っていたので残念です。

それはともかく、家飼いのアゲハチョウが越冬するかどうかは、何によって決まるのでしょうか?

念のため書いておきますが、アゲハチョウの卵、幼虫、成虫は越冬しません。越冬するのはさなぎだけです。

スポンサーリンク

越冬は何で決まる?

アゲハチョウの越冬を決めるおもな要素は、日照時間気温です。

日照時間?

アゲハチョウは、若齢幼虫の期間の日照時間が13時間30分を下回ると越冬する、というのが通説のようです。

しかし、それは自然界での話しです。

家飼いのアゲハチョウの幼虫は、人間が眠る時以外のほとんどの時間、光にさらされているでしょう。

最近我が家で羽化した3匹のアゲハチョウには越冬してほしいと思い、幼虫の間、夜は光が当たらないように布を掛けてベランダに出していました。それでも後述のとおり、すべて羽化してしまいました。

家飼いの場合、自然界とは環境が大きく異なるので、前述の通説は当てはまらないようです。

気温?

アゲハチョウの幼虫を幾つかのグループに分けて、それぞれ異なる時間光を当てる実験のデータがありました。

時間に余裕のある方は、こちらのサイトをご覧になってみてください。

この実験でわかったことは、さなぎが羽化するかどうかの決定要素には、光が当たる時間だけではなく、気温も関係しているということでした。

インスタグラムには真冬でも、アゲハチョウの羽化の写真や動画がアップされています。もちろんすべて家飼いです。

外に置いていた鉢植えを部屋に入れておいたら、その木に付いていたさなぎが羽化した、というケースもありました。

結論

ということで、結論はこうなります。

前述の通説が正しいと仮定して、
若齢幼虫の時の日照時間が13時間30分を上回るなら越冬しない。この場合、さなぎがいる場所の気温が低いと羽化しない、つまり死んでしまう可能性があるので注意が必要。
若齢幼虫の時の日照時間が13時間30分を下回り、さなぎがいる場所の気温が低ければ越冬する

越冬するかどうかを左右する要素の一つ、気温の明確な基準はわかりません。

確実に言えることは、若齢幼虫の時の日照時間が13時間30分を下回っていても、さなぎを温かい場所に長い時間置いておくと、真冬でも羽化してしまうということです。

あくまでもこれは我が家の飼育経験に基づく話しですので、参考までにとどめておいてください。

おそらく今年最後の羽化

我が家では先週から今週にかけてアオスジアゲハ、ナミアゲハ、クロアゲハそれぞれの、おそらく今年最後の羽化がありました。

参考までに、その飼育記録を載せておきます。

アオスジアゲハ

前蛹になった日: 9月30日
さなぎになった日: 10月1日
羽化した日: 10月19日

ナミアゲハ

もぬけの殻。ベランダに出していたら、外出中にいなくなっていました。蝶の姿を見られず残念。

5齢幼虫(青虫)になった日: 10月1日
前蛹になった日: 10月7日
さなぎになった日: 10月8日
羽化した日: 10月25日

クロアゲハ

5齢幼虫(青虫)になった日: 9月28日
前蛹になった日: 10月5日
さなぎになった日: 10月6日
羽化した日: 10月26日

やはりクロアゲハは大きいせいか、羽化までの期間がナミアゲハ、アオスジアゲハより若干長くなります。

3匹ともさなぎはベランダに置いていました。

10月の平均気温は19.1度。3匹とも蛹化後2週間経っても羽化する気配がないので、てっきり越冬するものと思っていました。

おそらく越冬するアゲハ

現在我が家にいるアゲハはこれだけです。

ナミアゲハのさなぎ

孵化した日: 10月4日
5齢幼虫(青虫)になった日: 10月16日
前蛹になった日: 10月22日
さなぎになった日: 10月24日

いくらなんでもこれは越冬すると思っているのですが、この調子だとわかりません。

これも近々羽化してしまったら、かみさんはどうするのか。

新たな幼虫を見つけてくるのかもしれません。

追記:

結局このさなぎは11月16日に羽化。可哀そうなことをしてしまいました。

2018/10/26

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。

寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら9…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから