アゲハチョウ越冬は何で決まる? 気温? 日照時間?

今朝、越冬すると思っていたクロアゲハが羽化しました。立派な蝶になり、元気に飛んでいったのでよかったのですが、来年の春に越冬さなぎの羽化を見たいと思っていたので、少々残念です。

それにしても、アゲハチョウが越冬するかどうかは、何によって決まるのでしょうか?

スポンサーリンク

アゲハチョウの越冬は何で決まる?

アゲハチョウのさなぎが越冬するかどうかは、どんな要素で決まるのか。

幼虫の期間の日照時間が13時間30分を下回ると越冬する、というのが定説のようです。しかし、それは自然界での話しです。

うちのように室内で飼っている場合は、人間が眠る時以外のほとんどの時間、光にさらされています。かみさんは越冬させたいので、直近の3匹のさなぎは夜間光が当たらないようにベランダに出していました。それでも、羽化してしまいました。

室内飼いの場合、自然界とは環境が大きく異なるので、定説は当てはまらないでしょう。日照時間だけでなく、気温(室温)も関係してくるのではないかと思っています。

いろいろ調べてみたところ、アゲハチョウのさなぎを幾つかのグループに分けて、それぞれ異なる時間光を当てる実験のデータがありました。実験の結果、さなぎが羽化するかどうかの決定要素には、光が当たる時間だけではなく、気温も関係しているという結論に至っていました。

あいにくうち夫婦には、そのような実験を行う時間も熱意もありません。

追記(2019.2.1):

インスタグラムには真冬でも連日のように、アゲハチョウ羽化の写真や動画がアップされています。もちろんすべて室内飼いです。外に置いていた鉢植えの木を室内に入れておいたら、その木に付いていたさなぎが羽化したというケースもありました。

となると、決め手は気温(室温)のようですね。

おそらく今年最後の羽化

我が家では先週から今週にかけて、アオスジアゲハ、ナミアゲハ、クロアゲハそれぞれの、おそらく今年最後の羽化がありました。

アオスジアゲハ

前蛹になった日: 9月30日
さなぎになった日: 10月1日
羽化した日: 10月19日

羽化した日はベランダのクスノキで御泊まりでした。

ナミアゲハ

もぬけの殻。ベランダに出していたら、外出中にいなくなっていました。蝶の姿を見られず残念。

5齢幼虫(青虫)になった日: 10月1日
前蛹になった日: 10月7日
さなぎになった日: 10月8日
羽化した日: 10月25日

クロアゲハ

久しぶりに見たクロアゲハ。大きくて貫禄があります。

5齢幼虫(青虫)になった日: 9月28日
前蛹になった日: 10月5日
さなぎになった日: 10月6日
羽化した日: 10月26日

やはりクロアゲハは大きいせいか、羽化までの期間がナミアゲハ、アオスジアゲハより若干長くなります。

3匹ともさなぎになった日から2週間経っても羽化する気配がないので、てっきり越冬するものと思っていました。

アゲハ飼育日誌 10月26日

10月下旬の東京。朝晩は冷えるようになったものの、日中は概ね20度を超え、陽射しにもまだ力があります。それでも、かみさんは外でアゲハの幼虫を見つけても、持ち帰らなくなりました。

現在我が家にいるアゲハはこれだけです。

ナミアゲハのさなぎ

孵化した日: 10月4日
5齢幼虫(青虫)になった日: 10月16日
前蛹になった日: 10月22日
さなぎになった日: 10月24日

いくらなんでもこれは越冬すると思っているのですが、この調子だとわかりません。

これも近々羽化してしまったら、かみさんはどうするのか。新たな幼虫を見つけてくるのかもしれません。

2018/10/26

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会