電磁波の影響と対策 電子レンジ・スマホ・その他

我が家では食品添加物(すべてではない)と電磁波をがん発症2大要因に認定し、極力避けています。食品添加物に関しては別の記事で書きました。関心のある方は次の記事をご覧ください。

我が家では食品添加物(すべてではない)と電磁波をがん発症2大要因に認定し、極力避けています。その発がん性に関する説明は他に譲ります。 ...

この記事では電磁波について書きますが、難しい説明は他に譲ります。電磁波を完全に避けることはできないものの、極力影響を受けないために我が家でやっていることを書きます。お役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

電磁波の影響を受けないために我が家でやっていること

電磁波は送電線や電化製品など、電気が流れている所に生じますので、完全に避けることはまず不可能です。ではあっても、我が家ではできるだけ影響を受けないために、こんなことをしています。

電子レンジは使わない

我が家にはオーブンレンジがありますが、オーブンしか使いません。電子レンジは使わないので、オーブンだけでよかったのですが、そういう商品は売っていませんでした。電子レンジから出る電磁波を浴びることはほとんど無いようですが、電子レンジで温めた食物を食べたくないのです。

電子レンジを使わないというのは結構大変です。冷めたものを温める時は面倒ですが、フライパンで温めるか、こんな感じで蒸しています。

ステンレス製のボールと蒸し台

ここに温めたいものを置いて、下に水を入れ、ふたをして、ガスレンジで沸騰させます。蒸し器はあるのですが、始末が面倒なのでこうしています。冬場はよく肉まん、あんまんをこの方法で温めて食べます。

ここまでやる家庭、ありますか?(笑)

スマホの通話はイヤホンで

これはかみさんだけですが、スマホは頭に近づけないようにし、通話の際にはイヤフォンを使っています。スマホから出る電磁波の影響で脳腫瘍ができる、という話しをどこかで聞いてきたようです。

確かにiPhoneの「法律に基づく情報」の「高周波曝露」には、「RFエネルギーへの曝露を減らすために、ハンズフリーオプション(内蔵スピーカーフォン、付属のヘッドフォン、その他の類似したアクセサリなど)を使用してください」という文言があります。これは訴えられた時のための対策のようです。

設定>一般>情報>法律に基づく情報>高周波曝露

スマホに貼る「電磁波吸収シート」という健康グッズがあるので、そのうち買うかもしれません。

ほかに

今はもう使っていませんが、ホットカーペットは事前に温めておいて、上に乗る時はスイッチを切っていました。そんな使い方をしているうちに使わなくなり、処分しました。

電磁波をもろに浴びる電化製品は、可能な限り使わないようにしています。例えば、電磁調理器は使いません。

リニアモーターカーには乗りません。まぁ、そんな機会はないと思いますが。

送電線の鉄塔には近づきません。最近、鉄塔に隣接する家に住んでいる知人が乳癌になりました。

あとがき

電磁波も食品添加物同様、完全に避けるのは無理でしょう。しかし、できる限り避けることによって、がんのリスクを減らせると思って続けています。

と言いつつ、毎日かなりの時間をパソコンの前で過ごしていますが。

2018/4/16,10/23

にほんブログ村テーマ 健康管理の為に身体について気を付ける事へ
健康管理の為に身体について気を付ける事

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン中の今なら、なんと、た...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする