コンテンツ・マーケティング64の法則 レビュー 評価

あなたが、ネットの訪問者をお客に変える方法がわからないブログやメルマガ、SNSを始めたいが何を書けばいいかわからない読者を惹きつけるコンテンツの作り方がわからない、そんな悩みを抱えたことがあるなら、本書「コンテンツ・マーケティング64の法則」が役立つでしょう。

スポンサーリンク

アン・ハンドリー著「コンテンツ・マーケティング64の法則」

ブログ、メルマガ、フェイスブック、ツイッターといったメディアを使って集客しようすると必ずぶち当たる壁、それが”面白いコンテンツが作れない”ということです。

事実、米国のある調査によると、コンテンツ・マーケティングの課題の1番は「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」で、全回答の41%を占めています。

いくらYouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、いくら多くのメディアを使っても、いくら1日に3回も4回も記事を更新しても、結局のところ面白いコンテンツが作れなくては何の価値もありません。

では、顧客を集める記事と見向きもされない記事では何が違うのか顧客をファンにする記事とそうでない記事では何が違うのか売上に直結する記事といい話聞いたなで終わる記事では何が違うのか、本書にその答えがあります。

売りにつながる記事を書くための「64の法則」を知らなければ、どんなにコンテンツを増やしても、あなた会社の商品やサービスに興味を持ってもらうことは難しいでしょう。

「コンテンツ・マーケティング64の法則」セールスページ

コンテンツ・マーケティング64の法則」は、オンライン書店ダイレクト出版から発行されています。ダイレクト出版をあまりご存じない方は、次の記事を参考になさってください。

ダイレクト出版という会社をご存じでしょうか。本ブログでダイレクト出版の商品を紹介するに当たり、私が知る限りのことを書いておきます。 ダイレ...

コンテンツ・マーケティング64の法則」は定価3,700円ですが、下のボタンからセールスページに入れば2,980円(税抜)で手に入れることができます。送料は無料です。

また、この本には「90日間返金保証」が付いています。セールスページにはこう書いてあります。「もし、あなたが試しにこの本を読んでみて、気に入らないようでしたら、どんな理由があろうと、購入日より90日間以内に、カスタマーサポートにご連絡いただき、商品を返品してくれれば本の代金は課金されません」。

信じられないような保障ですが、私の知る限りダイレクト出版の有料の書籍には、すべてに同様の保障が付いています。よほど商品に自信があるのでしょう。

本書の詳しい解説、レビュー、著者の略歴に関しては、セールスページをご覧ください。

2018/10/19

にほんブログ村テーマ 副業、サイドビジネスへ
副業、サイドビジネス

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン中の今なら、なんと、た...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする