アゲハチョウ幼虫飼育 今年もそろそろ終わりです

きょうは9月末日。我が家のアゲハくんたちはだいぶ少なくなりました。今いるのはナミアゲハの幼虫1匹、クロアゲハの幼虫1匹、アオスジアゲハの幼虫2匹、さなぎ1匹だけです。

しばらくアゲハ飼育日誌の投稿をさぼっていたこともあり、記憶していないこともあると思いますが、近況をお伝えします。

スポンサーリンク

生木で育てるとよくわかる大食ぶり ナミアゲハ

ナミアゲハの幼虫1匹を山椒の鉢植えに放したところ、こんな状態になりました。

こうやって見てみると、アゲハ幼虫の大食ぶりがよくわかります。

きれいな緑色のさなぎが付いています。わかりますか? これです。

柑橘類の木だとここまであざやかな緑色にはなりません。この3日後、羽化しました。

寒くなると弱々しい脱皮 クロアゲハ

一昨日、クロアゲハ4齢幼虫が脱皮しました。

これまでの5齢幼虫は、脱皮直後でもここまで薄い色ではなかったと思います。やはり気温が下がっているせいでしょうか。少々心配しましたが、翌朝にはこのとおり立派な青虫になっていました。

相変わらず、おしりにも顔があるようです。

それにしても、気温が下がってくると、幼虫たちは動きがかなり遅くなります。

本日2頭羽化 アオスジアゲハ

本日、アオスジアゲハが2頭羽化しました。

今朝はこんな状態でした。

「非常に強い」台風24号が近づいてきているので、木を家の中に入れて外出し、昼頃に帰ってきたら、2匹とも羽化していました。

今晩台風直撃は確実のようなので、かみさんはどうしたものかと迷っていました。そのうち、午後2時頃になって飛び始めましたので、まだ小雨だったこともあり、外に放しました。

暴風雨をうまくやり過ごす場所を見つけてくれればいいのですが。

自分の糞を吹っ飛ばす アオスジアゲハ

アオスジアゲハの幼虫も自分の糞を片付けます。これまでにアップした動画をご覧になっている方はわかると思いますが、アオスジアゲハはほかのアゲハよりだいぶ手際がよく、糞を勢いよく吹っ飛ばします。

2つ目は少々てこずりましたが。

あとがき

まだアゲハの卵や幼虫の採取はできるようですが、かみさんはもうやめたと言っています。となると、今いるアゲハたちで今季の飼育は終わりです。

今いる幼虫たちは越冬さなぎになるのかどうなのか。気温や日照時間が関係するようなので、今は全部ベランダで育てています。

今年のアゲハ飼育日誌もそろそろ終わりです。

2018/9/30

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン中の今なら、なんと、た...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする