アゲハチョウ蛹の色が変色 寄生虫アオスジアゲハに寄生中?

アオスジアゲハのさなぎが黄色く変色。おそらく寄生されています。

自然の営みとはいえ、飼育しているアゲハが羽化を目前にして死んでしまうのは、とても悲しい出来事です。

スポンサーリンク

寄生虫が寄生中?

このところ、順調にアオスジアゲハの羽化が続いていましたが、一昨日おかしいさなぎが一つ見つかりました。

さなぎの変色

これです。

このように1箇所だけ黄色く変色しています。

生きているさなぎはピクピクと、羽化が近ければ、力強くビクッと動くのですが、これは全く動きません。寄生バエか寄生バチが寄生中なのではないかと思います。さなぎから体液が染み出ていました。

以前にも一度だけ、ナミアゲハのさなぎが寄生虫にやられたことがあります。さなぎを入れていたケースの中で、カサカサ音がするので見てみると、うじ虫がケースの底でうごめいていました。

どうもそれはヤドリバエという寄生虫の幼虫で、土の中に潜りたかったようです。その時は初めての経験でびっくりしました。

今回はその経験があったのと、アオスジアゲハなので変色がわかりやすく、心の準備ができました。(笑)

追記(2019.7.26):

さなぎから出てきた寄生虫(ヤドリバエ)を見てみたい方は、こちらの記事をご覧ください。

久しぶりにアゲハチョウが寄生虫にやられました。今季初です。 ひと月ほどかけて育ててきたアゲハが、羽化を目前に控えて死んでしまうのは悲し...

葉っぱの表側で糸掛け

これまでのアオスジアゲハの幼虫は例外なく、葉っぱの裏側で蛹化しています。外敵から身を守るためでしょう。

しかし、写真のとおり、この個体は葉っぱの表側でさなぎになりました。

かみさんは当初これを見て、「おかしい」と言っていました。おそらく幼虫の時に寄生されていて、こうなってしまったのではないかと。

この鉢植えはベランダに出していた時があったので、その間に寄生されたのかもしれません。蝶になる目前で、気の毒なことをしてしまいました。

後続の幼虫も蛹化

昨日、後続の幼虫も蛹化。脱皮の様子を早送りで撮りました。

寄生されているっぽい個体と同じ環境で育ったので、これも寄生されていないか心配です。

一昨日の様子はこうでした。

え!おしりに寄生虫 !?

いえ、糞でした。すみません。

あとがき

アオスジアゲハが寄生されているとしたら、どの時点でか。幼虫採取の前か、あるいはうちのベランダでか。

アゲハチョウが寄生されるのはさなぎになってからが多い、という記事がありました。まさか、室内で寄生されることはないと思いますが。

どうなんでしょうね。

追記(2019.10.14):

寄生バチの貴重な動画を撮りました。こちらの記事をご覧ください。

アゲハ飼育日誌2019年第47稿: 「大型で非常に強い」台風19号が間もなく関東に上陸します。現在江戸川区では大雨、洪水、暴風、波浪警...

2018/8/3

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから