アゲハチョウ蛹の色が変色 寄生虫アオスジアゲハに寄生中

久しぶりにアゲハのさなぎが寄生虫にやられました。
自然の営みとはいえ、飼育していたアゲハの死は悲しい出来事です。

スポンサーリンク

寄生虫がアオスジアゲハに寄生中

このところ、順調にアオスジアゲハの羽化が続いていましたが、
一昨日おかしいさなぎが一つ見つかりました。

さなぎの変色

これです。

このように1箇所だけ黄色く変色しています。(左端の写真)

生きているさなぎはピクピクと、羽化が近ければ、力強くビクッと動くのですが、
これは全く動きませんでした。
寄生バエか寄生バチが寄生中なのでしょう。
さなぎから体液がしみ出ていました。

以前にも一度だけ、ナミアゲハのさなぎが寄生虫にやられたことがあります。
さなぎを入れていた羽化用のケースの中で、カサカサ音がするので見てみると、
うじ虫がケースの底でうごめいていました。

どうもそれはヤドリバエという寄生バエの幼虫で、土の中に潜りたかったようです。

その時は初めての経験で、アゲハのさなぎから寄生虫が出てくるなどということは、
思いも寄らないことでしたので驚きました。

今回はその経験があったのと、アオスジアゲハなので変色がわかりやすく、
すぐに気づきました。

葉っぱの表側で糸掛け

これまでのアオスジアゲハの幼虫は例外なく、
葉っぱの裏側で糸掛けをしてさなぎになっています。
外敵から身を守るためでしょう。

しかし、写真のとおり、このアオスジアゲハは葉っぱの表側でさなぎになりました。

かみさんは当初これを見て、「おかしい」と言っていました。
おそらく幼虫の時に寄生されていて、こうなってしまったのではないかと。

止まり木(クスノキ)の鉢はベランダに出していた時があったので、
その間に寄生されたのかもしれません。

蝶になる目前で、気の毒なことをしてしまいました。

後続のアオスジアゲハ さなぎに脱皮

昨日後続のアオスジアゲハがさなぎになりましたが、
かみさんが脱皮の様子を早送りで撮りました。

これです。

寄生虫の犠牲になったアゲハと同じ環境で育ったので、
これも寄生されていないか心配です。

一昨日の様子はこうでした。

え!おしりに寄生虫 !?

いえ、糞でした。

あとがき

アオスジアゲハはどの時点で寄生されたのか、幼虫採取の前か、
あるいはうちのベランダでか。

アゲハが寄生されるのはさなぎになってからが多い、という記事がありました。
それだと我が家の室内でということになります。

どうなんでしょうね。

2018/8/3

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン開催中の今なら、なんと...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする