インスタグラム【フォトライブラリー】からブログに誘導

インスタグラムはブログのフォトライブラリーとして使える

という話しを聞きましたので、試しに本ブログのアクセスアップを期待して、
インスタグラムを始めました。

スポンサーリンク

インスタグラムをブログのフォトライブラリーにする

インスタグラムをブログのフォトライブラリーにする方法は至って簡単です。

プロフィールを作成する

インスタグラムのアカウントを作成したら、まずプロフィールを入力します。

プロフィール写真: ブログのシンボル的な画像にするといいでしょう。
名前: ブログ運営者と同じ名称にしたほうがわかりやすいです。
ウェブサイト: ブログのURL
自己紹介: ブログに誘導する文章

ひととおり入力して完了ボタンを押すと、こうなります。

あなたが投稿した写真や動画を見て、
あなたに関心を持った人がこのページを見に来ます。

ブログのリンクはここにしか貼れません。
つまり、ここが唯一のブログの入口になるわけです。
なので、ここに来た人がブログも見てみようと思えるような、
気の利いた文章を自己紹介欄に書きましょう。

と言っても、ウェブ勧誘や物販目的の人と勘違いされないように
注意する必要があります。
私はあくまでもブログのアクセスアップが目的なので、
上記のとおりさりげない文章にしています。

写真や動画を投稿する

次に、写真や動画を投稿します。

当然ながら、ブログに興味を示してもらうためには「おもしろい」か「美しい」か、
いずれかの写真や動画だけを投稿したほうがいいでしょう。

キャプションの記載

ここで問題になるのが、投稿のキャプションにはリンクを貼れないことです。
前述のとおり、リンクは1箇所だけ、プロフィール画面にしか貼れません。

従って、投稿した写真や動画に該当する記事に誘導することは難しいです。
記事のURLを書くことはできますが、それをわざわざコピペして検索する人は
まずいないでしょう。

何らかの工夫がほしいところですが、とりあえず私はキャプションに記事の
タイトルとカテゴリー名を書いています。

こんな感じです。

ハッシュタグの活用

写真や動画を投稿する際には、必ずハッシュタグ(#)の機能を活用しましょう。

投稿のキャプションかコメントに、「#」に続く文字列を記載することによって、
投稿を多くの人に見てもらえます。

例えば、「#アゲハ」と書いて投稿すれば、
「アゲハ」で検索した人に投稿を見つけてもらえたり、
同じくアゲハ関連の投稿をしている人とつながれたりします。

投稿する写真や動画に関連する文字列を、思いつく限り(上限は30)書きましょう。

私は常時表示されるキャプションにではなく、コメントに書いています。

こんな感じです。

 注意 !
短いスパンでハッシュタグを大量に付けた投稿を続けると、自分のページにしか投稿が表示されなくなるかもしれません。
私が最初に取得したアカウントではそうなってしまいましたので、仕方なく新たなアカウントを取得して、最初からやり直しました。

ブログを見てもらえそうなフォロワーを増やす

インスタグラムでは著名人でもない限り、
写真や動画を投稿するだけではフォロワーは増えません。

フォロワーを増やすためには、自分のほうからどんどんフォローして、
フォローバックしてもらうしかないのです。

「フォローバック」、「フォローミー」、「フォローお願いします」、
「フォローしてください」といったハッシュタグがありますが、
そういうところに投稿してフォロワーを増やしても、
おそらくブログのアクセスアップにはつながらないでしょう。

私はおもに自分が投稿したハッシュタグの人や、
自分の投稿に「いいね」を付けてくれた人の中から、
私のブログを見に来てくれそうな人をフォローしています。
フォローバックしてくれるのは、20~30%ですね。

地道にこつこつ空いた時間にやっていますので、フォロワーはなかなか増えません。
やみくもにフォローしてフォロワーの数だけ増やしても意味がありませんので。

あとがき

本ブログのひとつの売りはアゲハ飼育日誌なので、
インスタグラムをブログのフォトライブラリーにするという話しには、
すぐに飛びつきました。

始めてまだ10日余りなので、現状では一日数人の人がブログを訪れてくれるだけですが、
地道な努力を続けていこうと思っています。

それはさておき、インスタグラムではアゲハ愛好者の写真や動画をたくさん見れて、
ご同慶の至り。なかなかいいものです。

2018/7/31

にほんブログ村テーマ ブログアクセスアップへ
ブログアクセスアップ

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン開催中の今なら、なんと...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする