アゲハ関連の記事は【アゲハふれあえない館】に引っ越しました

アゲハふれあえない館

避難場所検索 東京江戸川区 ハザードマップではわからない

スポンサーリンク

東京都江戸川区は大河川の荒川、江戸川と東京湾に囲まれており、区の7割が海抜ゼロメートル地帯になっていますので、日頃から河川の氾濫による水害に備えておかなければなりません。

食料や飲用水の備蓄も大切ですが、避難場所も把握しておいたほうがいいでしょう。

自宅から最寄りの避難場所はどこか、ご存じですか?

江戸川区の公式サイトで検索

地域ごとに指定されている避難場所は、江戸川区の公式サイトで検索できます。

スマートフォンでもパソコンでも手順は全く同じですが、わかりやすくするために別々に記載します。

スマホで検索

まず、ブラウザーで江戸川区の公式サイトを表示します。

トップページで「区民向け情報」をタップします。

背景の画像は周期的に変わります。

 

次のページで「防災・安全」をタップします。

 

次のページで「防災」の項目「いざというときのために<自助>」をタップします。

 

次のページで「地震への備え」の項目「避難所・避難場所の検索」をタップします。

 

次のページで任意の町名をタップすると、その地域の指定避難所が表示されます。

試しに「船堀1~7」をタップすると、

船堀1丁目から7丁目までの指定避難所が丁目ごとに表示されます。

スポンサーリンク

 

パソコンで検索

まず、ブラウザーで江戸川区の公式サイトを表示します。


トップページで「区民向け情報」をクリックします。
背景の画像は周期的に変わります。

 

次のページのメニューバー左端「防災・安全」をクリックします。

 

次のページで「防災」の項目「いざというときのために<自助>」をクリックします。

 

次のページで「地震への備え」の項目「避難所・避難場所の検索」をクリックします。

 

次のページで任意の町名をタップすると、その地域の指定避難所が表示されます。

試しに「船堀1~7」をタップすると、

船堀1丁目から7丁目までの指定避難所が丁目ごとに表示されます。

スポンサーリンク

 

ハザードマップではわからない

今年、江戸川区はハザードマップを11年ぶりに刷新しました。

「ここにいてはダメです」の自虐ねたで全国的に話題になりましたが、地域ごとの指定避難場所は載っていません。

このとおり、13~14ページに広域避難できない時の避難先(小学校と中学校)が載っているだけです。

避難場所の収容人数には限りがありますので、地域ごとに指定されている避難場所を把握しておいたほうがいいでしょう。

基本的な災害の備えに関しては、こちらの記事をご覧ください。

災害時必要なものリストその他 4つの基本的な災害の備え
災害発生時、迷わずにすぐ動けるように、今行える4つの基本的な災害の備えを書いておきます。
スポンサーリンク

 

あとがき

災害発生時に避難場所に行くかどうかは別として、最寄りの避難場所はどこか、わかっていれば安心です。

「ここにいてはダメです」と言われても、みんながみんな広域避難できるわけではありませんので。

在宅避難に関してはこちらの記事をご覧ください。

在宅避難の備え 最重要課題はトイレ
在宅避難を少しでも健康的で快適にするために、どんな備えができるでしょうか。食料、飲料水なども大切ですが、在宅避難の最重要課題はトイレです。

 

2018/7/12,2019/10/26

にほんブログ村テーマ 災害・地震・防災へ
災害・地震・防災

コメント

  1. ピース より:

    江戸川区は都市計画・区画整理には熱心ですが、
    篠崎・瑞江・一之江・小岩
    防災・震災・水害はペケです。
    区画整理の説明会では震災や防災を立てに説明をされました。
    しかし?いざ家が建ち始めると家と家の隙間が無いくらでした。完全に防災法や建築違反の範囲に入っています!区や東京都は観て見ぬフリをしています。

    • たむら船堀たむら船堀 より:

      そうなんですね。覚えておきます。
      コメントありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました