ZOZOスーツオーダーメイド フルオーダーではあるけれど

先週初め、7月3日、ビジネススーツ業界に激震が走りました。ファッション通販サイトZOZOTOWNが、フルオーダーのビジネススーツを破格で販売し始めたのです。

スポンサーリンク

ZOZOブランド フルオーダースーツ販売開始

ZOZOTOWNは以前から、このような採寸用ボディスーツZOZOSUITを使って、オーダーメイドのTシャツやデニムを販売していましたが、今月3日から同様の方法で、ビジネススーツも販売するようになりました。

これを着て、スマホにダウンロードした専用アプリで採寸するようです。

あとは、生地の色や柄、ディテールを決めて注文完了。斬新奇抜な試みです。

今はドレスシャツとセットでお試し価格24,800円(通常販売予定価格44,800円)と、かなり安いです。

おそらくハンドメイドではなくマシンメイドだと思いますが、この価格でフルオーダーのスーツを作れる店はまずないでしょう。

打撃を受けるのはテーラーより既製服量販店では?

確かにZOZOTOWNのフルオーダースーツは注目に値する価格ですが、生地はスーパー110‘sウール限定で色柄は少なく(無地3色とヘリンボーン4色のみ)、シルエットは1種類、ディテールの選択肢も少なく、オーダースーツとしては物足りなく感じます。ステッチも本切羽もありません。

その点を考えると、ZOZOTOWNのスーツは、低価格の既製服ばかり着ている人にとっては魅力的と思いますが、オーダースーツしか着ない人とっては、あまり魅力的ではないような気がします。

特に高級志向の人は、いくらフルオーダーでも満足できないでしょう。

そうなると、本件で打撃を受けるのはテーラーより、既製服量販店ではないでしょうか。実際、すでに青山商事とAOKIホールディングスの株価は大幅に下がりました。

他方、オーダースーツ専門店、特に高級志向の店は影響が少ないと思います。

オーダーの楽しみの一つはフィッターとのやり取り

ビスポークテーラー(注文服店)のビスポーク(bespoke)には、職人と客が対話しながら作るという意味があるようですが、そのとおり、オーダースーツを作る時の楽しみの一つは、フィッターとのやり取りです。

フィッターからアドバイスを受けながら、自分に合ったシルエット、生地を選び、ディテールまで決めていきます。採寸もどれくらい余裕を持たせるか、話し合いながら決めます。

生地を体に当ててみたり、ゲージ服を着てみたりと、時間はかかりますが、楽しいひと時です。

スーツの世界はなかなか奥深いので、フィッターから教わることはたくさんあります。

そんなことには興味がない、店舗に行くのは面倒臭い、時間がもったいないという人にとっては、自宅でスーツのフルオーダーが完結、これは朗報でしょう。

ひとりスマホで採寸、パソコンやスマホの画面で色や柄を見て注文、便利な時代になりました。

2018/7/10

にほんブログ村テーマ メンズだってファッション好き!へ
メンズだってファッション好き!

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン開催中の今なら、なんと...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする