アゲハチョウさなぎになるまで ナミアゲハ糸掛けの動画

ナミアゲハの幼虫がさなぎになる前の糸掛けをする様子を撮影しました。割り箸の上で位置決めをしていた幼虫が、まず体を縮めて、次に糸を吐いて束ねて、そこに頭をくぐらせます。

スポンサーリンク

ナミアゲハの幼虫がさなぎになるまで

ナミアゲハやクロアゲハの幼虫は、さなぎになる時が近づいてくると、糞の色が黒から緑に変わります。そのうち食べるのをやめて、しばらくの間動かなくなります。

その後下痢便のような緑色の排せつ物を出し、木から下りてきてさなぎになる場所を探し始めます。

そうなると動きが速くなり、どこに行くかわかりませんので、かみさんは自作の羽化用ケースに入れます。

これです。今はクロアゲハの幼虫が1匹入っています(右下)。

体を縮める

さなぎになる場所を決めた幼虫は、そこで糸を吐いて、まずお尻をしっかり固定します。その後しばらくすると、体を縮めます。

羽化用ケースに入れてあった割り箸の上で位置決めをした幼虫

このように体を少しずつ縮めていきます。

こうなりました。

糸掛けと脱皮

このあとしばらくすると、糸を吐いて頭部を固定する輪っかを作り、そこに頭をくぐらせます。

風雨にさらされても落ちないようにするため、輪っかは何重にも糸を束ねますので、釣糸のように頑丈になっています。

糸掛け直後

翌日

前蛹になりました。このあとしばらくすると、脱皮をしてさなぎになります。

さなぎになりました。抜け殻が下に落ちています。

このようにさなぎになりたての時はあざやかな緑色をしていますが、しばらくすると周囲にある物と似た色に変わります。よくできていますね。

茶褐色になる場合が多いのですが、これはエッグスタンドの色に合わせたようで、うすい緑色になりました。

今は割り箸ごと別の場所に移されて、別のさなぎと一緒に羽化する日を待っています。

【おまけ動画】侵入者に怒った3齢幼虫

おもしろい動画を見つけましたので、おまけにアップします。

ナミアゲハの幼虫は、陣取っている葉っぱに別の幼虫が入ってくると、どう反応すると思いますか?

こうなります。

凄い勢いで怒ってますね。相手がそそくさと逃げていったあとも、怒りが収まらない様子です。

これはおそらく3齢幼虫だと思いますが、まだ幼くて、おとなの対応ができないのかもしれません。(笑)

あとがき

かみさんが撮りためているアゲハの写真や動画は膨大な量に上り、掘り出し物がありますので、おもしろいものがあれば、随時アップしていこうと思います。

きょうは七夕。アゲハの季節はまだまだ続きます。

2018/7/7

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

「現代広告の心理技術101」は消費者心理を科学的に暴き、顧客の心を研究し尽くした本です。広告を見た人が、買わずにはいられなくなる心のからくり…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする