ブログの作り方 初心者目線でおすすめ 資産ブログ

副業としてブログを始めて半年余り。これから収益化できるかどうか、そろそろ見えてくる時期になりました。ここで、私がこれまでにやってきたこと、また今になって気づいたことをここでまとめておきます。

これからブログを始めようと思っている方、すでに始めている私のような初心者の方の参考になるかもしれません。

と言っても、ここで私が書くのは資産ブログに関することです。資産ブログとは、長期間検索され続ける記事から成るブログです。旬な話題を追いかけて、短期的なアクセスを集めようとするトレンドブログとは違います。

本ブログ現状の詳細なデータは、以下の記事でまとめています。

本ブログの一般公開日(2018年1月1日)からちょうど半年がたちました。 このような雑記ブログの場合、最初の半年は収益化できないという...
スポンサーリンク

資産ブログの環境設定

資産ブログを目ざすのであれば、いつサービスが終わるかわからない無料ブログはお勧めできません。最初からレンタルサーバーと契約し、独自ドメインを取得し、ワードプレスでブログを構築することをお勧めします。

最初は無難に無料ブログで始めて、そのうちお金をかけて… と考える人もいるようですが、結局は無駄な時間と労力を奪われるだけです。ブログ運営にかかる費用など、たかが知れています。

レンタルサーバー

私が利用しているレンタルサーバー、ロリポップ!のスタンダードプランの料金は、複数月契約にすれば月額500円です。

もっと安いプランもありますが、スタンダードプラン以上であれば、電話やメールのサポートが受けられます。問い合わせには親切に答えてくれます。

ロリポップ!しか使ったことがありませんので、他社との比較はできないのですが、何の不満もありません。料金は安いほうがいい、余計なサービスはいらない、という方にはロリポップ!スタンダードプランがお勧めです。

独自ドメイン

独自ドメイン(funabori.xyz)は、ロリポップ!と提携しているムームードメインで取得しました。

年間使用料は69円、2年目以降は1,480円です。

ドメインの先頭は「funabori」に決めていて、TLD(トップレベルドメイン・ドメインの最後尾の文字列)は「.com」にしたかったのですが、すでに取られてしまっていたため、「.xyz」にしました。

これにした理由は意味不明なのと、初年の利用料金が最安値だったことです。

TLDの選定に関しては以下の記事が参考になるかもしれません。

最近トップレベルドメイン(ドメインの最後尾の文字列)がやけに増えたと思いませんか? 全体の桁数が決まっている電話番号と違い、ドメインが将来...

ワードプレス

ワードプレス自体は無料で使えますが、テーマ(テンプレート)は無料のものと有料のものがあります。

おすすめのテーマ

ワードプレスのテーマは数えきれないほどあり、リサーチの末、かなり迷いましたが、ご覧のとおり無料で評判がいいSimplicity2にしました。

これしか使ったことがないので、他テーマとの比較はできないのですが、正解だったと思っています。

初心者の私が現時点で実感しているSimplicity2の魅力は以下のとおりです。

  • 無料
  • フォーラムがある
  • 広告を貼りやすい
  • カスタマイズしやすい
  • スキンを使って簡単にデザインを変えられる

あとは、SEOに強いらしいのですが、ほかのテーマを使ったことがないので、よくわかりません。

SNSシェアボタンの実装という特徴もありますが、私は今のところSNSに興味がないので、それはどうでもいいのです。

初心者にとって特にありがたいのは、フォーラムがあることです。質問を投稿すれば、製作者のわいひら様か、ご親切なユーザーが迅速に回答してくれます。私も何度も助けられました。

おすすめのプラグイン

ワードプレスには必須とされるプラグインが幾つかありますが、私が最初から導入したほうがいいと思ったプラグインをひとつだけ紹介しておきます。これです。

WordPress Popular Posts これをワードプレスの必須プラグインに挙げている人はおそらくいないと思いますが、私は最初から導入しておけばよかったと大変後悔しています。

このプラグインは各記事の閲覧回数をカウント、保存してくれるので、ブログのアクセス状況を正確に把握できるからです。

私が導入したのは確か2ヶ月前くらいです。Simplicity2の「人気記事」というウィジェットを使おうと思って、その存在を知りました。

几帳面な性格の私としては、ブログ開設時からの統計でないのが残念でなりません。タイムマシンがあれば、本ブログの一般公開日、今年の元旦に戻って導入したいです。

資産ブログの記事の書き方

資産ブログを目ざすのであれば、記事の書き方はとても重要です。資産ブログとして高いクオリティーを維持するためには、常に読者にとっての有益な情報提供を心掛けなければなりません。

その一方で、どんなにいい記事を書いても、読んでもらえなければ何にもなりません。つまり、読者にとって何らかの役に立つ記事を書いて、それを見つけてもらわなければならないということです。

その観点で考えると、記事の話題の選定タイトルの付け方が重要と思います。

話題の選定

長期間検索され続ける話題を選ぶ

資産ブログを目ざすのであれば、長期間検索され続ける話題で記事を書かなければなりません。となると、話題のキーワードはショートレンジキーワードより、ミドルレンジキーワード、ロングレンジキーワードになります。

  • ショートレンジキーワード: 旬な話題のキーワード。時事ネタ。芸能人の結婚、出産、死去など。
  • ミドルレンジキーワード: 特定の時期だけ頻繁に検索されるキーワード。インフルエンザ、卒業、入学、クリスマスなど。
  • ロングレンジキーワード: 年間を通じて検索されるキーワード。健康、美容、介護など。

ショートレンジキーワードは爆発的なアクセスを集める可能性を秘めていますが、旬な時期を過ぎると全く読まれなくなりますので、資産ブログには向いていません。

そのような記事が増えていくと、ブログ全体に対するグーグルの評価が下がります。(と書いていてふと思いましたが、そういう記事は読まれなくなったら削除すればいいのかもしれませんね)。

検索ボリュームの事前調査

話題を決めたら、それがインターネット上でどれくらい検索されているのかを、記事を書く前に調べる必要があります。労力と時間の浪費を避けるためです。

検索ボリュームを調べる方法はいろいろありあますが、私は トレンドキーワード抽出ツール を使っています。

この検索窓に、これから書こうと思っている記事の話題(キーワード)を入力して検索ボタンを押すと、2004年1月1日以降のGoogleトレンドにおける検索ボリュームが表示されます。

例えば「船堀」と入力するとこうなります。

「船堀」はそこそこ検索されていることがわかります。

次に「船堀オフビート」と入力して検索してみます。

すると、このようにあまり検索されていないことがわかります。(当たり前です)

この結果から、「「船堀」に関する記事は書いてもいいけど、「船堀オフビート」に関する記事は書いても意味がない」と判断できます。

このようにして、いい記事が書けそうな話題でも、あまり検索されていない話題であれば、記事は書きません。

タイトルの付け方

いい記事を書いても、タイトルの付け方が下手だと上位表示されないので、なかなか読んでもらえません。上位表示されるためには、記事のタイトルに狙ったキーワードを含める必要があります。

タイトルに含めるキーワードを選ぶ

この記事を例にしますと、まず前述のトレンドキーワード抽出ツールで、「資産ブログ」というキーワードの検索ボリュームを見てみました。

すると、あまり検索されていないことがわかりましたので、次に「ブログ」で見てみました。すると、「ブログ」はロングレンジキーワードとして使えることがわかりましたので、次にヤフーで検索してみたところ、こうなりました。

それで、下に表示された虫眼鏡キーワードから「ブログ 作り方」を選んでクリックしました。

次に、「ブログ 作り方 初心者」をクリックしました。

次に、「ブログ 作り方 初心者 おすすめ」をクリックしました。

ここでようやく虫眼鏡キーワードが出なくなりましたので、選択した4語キーワードを含むタイトルを考えました。

このように、まずビッグキーワードをひとつ決めて、関連キーワードが出なくなるまで掘り下げて検索します。

ライバル・チェックをする

次にライバル・チェックをします。つまり、タイトルに含めることにしたキーワードで検索してみて、上位表示されている記事をチェックします。

広告は除外しますが、公的機関や権威のある団体、有名企業の記事、独自ドメインでしっかり作り込んである記事が多ければ、上位に食い込むのは難しいので、そのキーワード選定はあきらめたほうがいいでしょう。

逆に無料ブログの記事など、大したことはない記事が多ければ、そこは狙い目です。

タイトルを決める

関連キーワードが決まったら、いよいよタイトルを考えます。

タイトルには先頭からすべてのキーワードを順番どおりに含めたほうがいいようです。無論、日本語として違和感のないタイトルにしなければなりません。

思わず読んでみたくなるようなタイトルがいいのですが、この記事、センスのいい人なら、もっといいタイトルにできたでしょうね。

タイトルの文字数には諸説あります。

検索結果に全文表示されればいいのですが、ブラウザによって上限が異なりますので、私は30文字以内、できれば最短のGoogleに合わせて28文字以内に収めるようにしています。

私はこの記事のように、先にタイトルを決めてから記事を書く場合と、記事を書き始めてから途中でタイトルを決める場合と、記事を書き終えてからタイトルを決める場合と、3通りのパターンがあります。

どれがいいのかわかりません。どれでもいいような気がします。

なくてもいい時事ネタは使わない

落語のまくらのように、記事の導入部で時事ネタを使いたくなるかもしれません。私も古い記事でそうしていますが、しばらくたってから読んだ時に違和感を覚えました。

当時はしゃれたつもりで書いたと思うのですが、時が過ぎればピンと来ないでしょう。例えばきょうであれば、「ベルギーとの試合、惜しかったですねぇ…」などと書くかもしれません。

その記事を1年後に読んだ人はどう感じるでしょうか?

サッカー・ファンであれば、「あぁ、この日はワールドカップの決勝トーナメントで、日本がベルギーに惜敗した日だったんだ」と懐かしく思い出すかもしれませんが、サッカーなど全く興味がない人であれば、ただの余計な文章です。それを長々と書いていたら、気が短い人はいらついて離脱してしまうかもしれません。

なくてもいい時事ネタは使わないのが無難です。

まとめ

資産ブログの作り方を簡単にまとめるとこうなります。

環境設定:

  • 無料ブログは使わない。
  • 最初からレンタルサーバーと契約し、独自ドメインを取得し、ワードプレスを使う。
  • 最初からプラグインWordPress Popular Postsを導入する。

記事の書き方:

  • 読者にとって有益な情報となる記事しか書かない。
  • 長期間検索され続ける話題を選ぶ。
  • 記事を書く前に検索ボリュームを調べる。
  • ライバル・チェックをしながらタイトルに含めるキーワードを決める。
  • タイトルには先頭から関連キーワードすべてを順番どおりに違和感なく含める。
  • タイトルの文字数は30文字以内、できれば28文字以内に収める。
  • なくてもいい時事ネタを使わない。

と初めて4,000文字超え、思わぬ大作になってしまいました。最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

お役に立てば幸いです。

2018/7/3

にほんブログ村テーマ ブログでお小遣い稼ぎ!へ
ブログでお小遣い稼ぎ!

「現代広告の心理技術101」は消費者心理を科学的に暴き、顧客の心を研究し尽くした本です。広告を見た人が、買わずにはいられなくなる心のからくり…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする