アゲハチョウ幼虫飼育 生木のほうがよく育つ

かみさんが友人から、花屋で買った山椒の木をプレゼントしてもらったのですが、そこにはナミアゲハの卵2つと幼虫が3匹付いていました。それで気づいたことがあります。

スポンサーリンク

アゲハの幼虫は生木のほうがよく育つ

友人からもらったのはこの木です。

見てのとおり、現在ここにはナミアゲハの幼虫が5匹います。

卵が2つあったのは最初から気づいていました。その卵が孵化した後、幼虫が5匹いることに気づいたので、最初は卵が5つあったと思っていたのですが、幼虫の大きさに差があるので、おそらく3匹は先に孵化していたものと思います。

この5匹は、生木ではない山椒で育っている幼虫と比べると、明らかに発育がいいです。やはり、えさは常に水気のある生木のほうがいいのでしょう。当然ですね。

ナミアゲハとクロアゲハの違い

別件ですが、ナミアゲハとクロアゲハの習性の違いに気づきました。

クロアゲハは柑橘類の葉っぱを食べる時、几帳面に半分ずつ食べて、最後に主脈を切り落とします。この不思議な習性に関しては、以下の記事をご覧ください。

アゲハ飼育日誌第2弾。かみさんがこれまでに飼育したアゲハは、ナミアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハの4種類です。 色、...

ナミアゲハも葉っぱを半分ずつ食べますが、主脈は残します。このとおり。

クロアゲハと違って、無意味なことはしない性質なのかもしれません。(笑)

アゲハチョウ飼育 近況報告

ついでに近況報告をしておきます。昨日はクロアゲハが羽化しました。

やはり、クロアゲハは大きくて見栄えがいいです。さなぎになってから羽化まで2週間かかりました。

今朝はアオスジアゲハが羽化しました。

アオスジアゲハはクロアゲハの半分くらいの大きさですが、色合いがきれいです。

なかなか飛び立たなかったので、かみさんがハチミツを飲ませました。

アオスジアゲハの幼虫は透明感があり、おしりに糞があるのがわかります。

糞をしたあと。

さなぎも最初のうちは透明感があります。

日中外出している間に、ナミアゲハの幼虫がさなぎになる位置決めをしていました。

外出前

外出後

それと、アオスジアゲハの卵が1個孵化していました。

これから

山椒生木のナミアゲハ5兄弟のほかに今いるのは、ナミアゲハの幼虫2匹(上記のとおり1匹はさなぎ目前)、さなぎ1匹、クロアゲハの幼虫1匹、アオスジアゲハの幼虫3匹、さなぎ1匹。

夏本番の前に、かみさんのアゲハ飼育活動は全開です。

2018/6/29

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン中の今なら、なんと、た...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする