スポンサーリンク

口腔ケア目的 健康寿命を延ばす 歯と口の健康週間

本日6月4日から10日までは、日本歯科医師会が推進する「歯と口の健康週間」です。そう言えば、6月4日は語呂合わせで「虫歯の日」でしたね。

江戸川区歯科医師会は「口腔ケアで健康寿命を延ばしましょう」と呼び掛けています。

スポンサーリンク

口腔ケアで健康寿命を延ばす

口腔ケアとは何でしょうか? 一般社団法人日本口腔ケア学会のホームページにはこう書いてあります。

口腔ケアとは、口腔の疾病予防、健康保持・増進、リハビリテーションによりQOLの向上をめざした科学であり技術です。具体的には、検診、口腔清掃、義歯の着脱と手入れ、咀嚼・摂食・嚥下のリハビリ、歯肉・頬部のマッサージ、食事の介護、口臭の除去、口腔乾燥予防などがあります。

口腔ケアを定期的に受けていると、インフルエンザにかかりにくくなるという研究結果があります。

また、誤嚥性肺炎のリスクが半減することもわかっています。口腔ケアをすることによって、細菌を多く含む唾液が、肺に入り込まないようになるからです。

口の中の細菌が少なくなれば、誤嚥性肺炎だけでなく、様々な病気の予防になります。

口腔ケアは口の中の掃除だけではありません。口の周りのマッサージも口腔ケアです。口の周りの筋肉がうまく連携して、スムーズに食べたり話したりできるようにします。

要するに、口腔ケアで口とその周辺の機能を維持することが健康寿命を延ばし、病気や介護の予防につながるというわけです。

口腔ケアは歯医者の定期検診で

口腔ケアの定義を見るとなんだか面倒臭そうですが、通常は歯医者に定期的に通っていれば、大方ケアできるのではないでしょうか。

私が通っている歯医者は予防に力を入れていて、4ヶ月おきに検診を促すハガキが届きます。結局行くのは年に1,2回ですが、虫歯ができていることはほとんどないので、やはり定期検診はいいようです。

あとは、この記事で書いたように、フッ素と化学物質を避けることです。

健康ねたで今回注目したのは、毎日のように使う口腔ケア用品です。歯磨き粉やマウスウォッシュにも有害な成分が含まれていますので、注意しなければな...

とは言うものの、歯医者に行くとフッ素を塗布されてしまうことがあります。

所見

「8020(ハチマルニイマル)運動」という言葉をご存じですか?

これも日本歯科医師会が推進している啓発活動のひとつで、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができるそうです。

確かに入れ歯はいろいろと大変そうなので、口腔ケアはとても大事なことと思います。

2018/6/4

にほんブログ村テーマ 生活に役立つ健康情報へ
生活に役立つ健康情報

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン開催中の今なら、なんと...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする